自分のことがとてもよくわかりました

・お名前 
Y・Mさま

・学校名 
Impact


自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどを 
なんでもご記入下さい! 

<アルバイト>
仕事探しが一番大変でした。
レジュメを直接配りに行くのがなかなか勇気が出ず、始めは日豪プレスから応募していましたが、
なかなか返事が来ないため、勇気をだして7件ほど直接レジュメを配り歩きました。
日本ではバイトの応募をするとすぐに返事が来るのが普通ですが、オーストラリアでは
返事が来るのにも1週間から2週間ほどかかるので(すぐに返事が来る店もありますが)
職探しは早め早めから始めるのが良いと思います。
 
<シェア>
色々インスペクションしているとどこが良いのかわからなくなってくるので、
優先順位を3つほど決めた方が良いと思います。
私は家探しの優先順位を
1.シティー内
2.清潔さ
3.シェアメイト
としていたので、3つほどインスペクションしただけですがすぐに理想通りの所が見つかり、
実際に住んでみてもそこが最高だったので1度も引越すことなくそこに住み続けました。
優先順位の1位をシティー内としたのは、遊ぶにしても働くにしても必ずシティーに来ることになるので、
それなら多少レントが高くても交通費が一切かからないのでシティー内に住む方が絶対節約になるし、
暇なときもシティーならなんでもあるので1人でふらっと外に出ても楽しめます。
また何かあった時に、携帯ショップや病院やOfficeWorkがすぐそばにあるのでとても便利です。
なので私はまわりの友達にも、絶対シティー内に住んだ方がいいよとアドバイスしていました。
また、わたしは清潔さが2番目の優先事項だつたので、Mantra on Maryというホテルの部屋を
シェアルームして住んでいました。
ホテルならセキュリティも万全だし、きれいだし、虫も出ないし、
何よりジム・プール・サウナがついているので暇な時は部屋から水着で行ってプールで泳いだり、
ジムでエクササイズしたり、お風呂がない分サウナで温まることができたり、本当に快適な生活ができました。
なので私のおすすめは、とにかく「シティー内のホテルに住む!」ということです。
(友達にこのことをよく熱弁していたので、3人の友達が同じホテルに引越してきました。笑)



●留学して何か変わりましたか? 
旅行ではなく住んでみることで、「海外で生活する」ということのリアルが分かりとても良い経験になりました。
やはり住む場所は関係なく、日本でも、海外でも、どこに住んだとしても自分の軸を持つことが大事だと分かりました。
大きい目標じゃなくてもいいので日々の生活で何か小さな目標を持たないと
なんで来たんだろうと目的を見失ってしまうので、来るまでに大きな目標を持つことが難しくても、
来てからは日々何かしらの目標を持って過ごすことが大切だと思いました。
また、日本で過ごすよりも時間がとてもあるので、自分とじっくり向き合って色々と考えることができ、
今後自分は何がしたいのか、どんなことが好きなのか、何を大事にしていきたいのか、など
自分のことがとてもよくわかり、今後やりたいことや、どう生きていきたいかなどが明確になりました。
勇気を出してワーホリを決断して本当に良かったと思います。


●もし留学していなかったら、今頃どうしていたと思いますか? 
いつまでも、「海外に行っていれば私は・・・」と地に足を付けずに文句ばかり言っていたと思います。