国際線航空券を学校が給付!大型キャンペーン始まりました!

オーストラリアで唯一の3食付き全寮制
語学学校のサンパシフィックカレッジ(SPC Cairns)
が、これまた凄いキャンペーンを出してきました。


最近、サンパシさんはブリスベンキャンパスを
オープンしたせいか、「え?ホントに??」
と思うような、すごいキャンペーンを出して勢いに乗っている学校です。


学生寮無料や2都市間の航空券のオファーがありましたが、
なんとさらに国際線の航空券まで出してくれるという
凄い企画が期間限定で始まりました。






内容はこんな感じ:


<ワーキングホリデー>:

*12週で寮1週が無料(245ドル相当)
*16週で寮2週が無料(450ドル相当)



<学生ビザ>:

*日本~オーストラリアの国際線片道航空券
ケアンズブリスベンの国内線片道航空券
*寮2週(450ドル相当) 




上限はもちろんあるので
ビジネスクラスとかはダメですが、
国際線航空券が給付されるとは。。。
凄い、、



ケアンズ行ってから気が向いたらブリスベン
移動してもいいし、
ブリスベンで学んでから、ホリデーついでにケアンズ行ってもいいし。
長期の学生ビザの方は自由に行き来できます。


ワーホリの方も滞在費用がついてくるので
かなりお得ですよね。



ケアンズキャンパスは学食のご飯がまるでホテル仕様。
ビュッフェスタイルで好きなものを選べます。
サラダもたっぷり。


朝はシリアル、コーヒー、ホットチョコレート
グリーンティ、ミルク、トースト、卵、など。


この学校に視察に行くと外食や自炊より学食が美味しいので、
一皿分、ラップをかけて確保してもらって後で食べたりしてます。




ビーチがすぐそばで、人の少ないローカルビーチをのんびり歩くと
自然と直感も冴えてきます。


新月の夜は流れ星がひゅーんと降り注いできます。
あ!今見えた、あ!まただ!みたいに、どんどん流れます。
流れ放題です。
天の川も見えますよ。



こういうシンプルな生活の中にいると
考え方もシンプルになって、
何かを所有する意味がないことに気が付いて
友達の存在とか、誰かの親切とか、
英語を使えて嬉しいな、ご飯が美味しいな、
オーストラリアにやっと来たんだな、とか思えるようになってきます。



大自然の中で、しっかりメイクしたり、
ブランド品を持ったりって、あんまり意味がなかったりします。


また、誘惑が少ないから、時間がたくさんある。
砂の上を裸足でただただ歩いたり
星を眺めてプールに浮いたり。


音がなくても、自然の音がするんです。
風の音、ヤシの木の音、鳥の音、カエルの声



そういうぼ~~~っとする時間があると
直感が冴えて自分が行くべき方向が
自然と分かるようになってくると思いますよ。



予定をみっちり入れて、
寝るとき以外はいつもスマホやテレビなどを見て、
脳に余白が全然ない人は、ぜひ一度、全てをOFFにして、
ぼ~っとする時間がとれる場所に足を運んでみるといいですよ。



ある意味、本当に「自由だ」と思うはずです。




合氣道をやっている私の友人が、
「シンプルに考えている時のほうが
物事はうまくいくし、そういう時に思いついたことって
正しい方向へ進む」と言っていました。


シンプルに、シンプルに。


どうしてだろう?なんでだろう?
と、こまごま考え始めると
こんがらがります。


シンプルな気持ちを保つのも大事です。

あと、「簡単、簡単」と口に出すのもいいです。


友人と実験をしたのですが、
二人で向かい合って腕をとりあいます。


片方が押すのですが、この時に「頑張って!」と
相手に言われると、相手のことが全く動かせない。


代わりに「簡単にできますよ」と言われると、
するっと相手のことを押して動かせます。

体の大きな男性も、簡単に動かせます。
相手はどんなに踏ん張っても、絶対に抵抗できません。



浴びる言葉によって私達の体も反応するというのを証明する
とても面白い実験でした。

ちなみに慣れてくると、言葉に出さなくても
「簡単、簡単」と思っただけで
気持ちがクリアになってきます。


「頑張る」って、言うのも言われるのも、
あまりよくないんですよね。


力が入りすぎて、結果や周りを意識しだす。無意識レベルですけど。
でも、本当にそうなんです。


おっとっと。ケアンズの話からだいぶそれましたね。
ぴぴっと来た、シンプルな方向へ進みましょう。