読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「やろうとしないから、やれないんだ」

今日も気温が低いですね。
午後からお花見予定の方は、お天気が回復するようですね。


4月の8,9日は大阪ですが
8日のカウンセリングは満席になりました。
9日は残り2枠です。

都市と学校を決められない方は、ぜひご相談下さい。


留学セミナー予約
https://activewoman.jp/seminar_info/index.php


対面カウンセリング予約
https://activewoman.jp/info/voice.php






そういえば昨日、ヒカリエでひとりでご飯を食べていたら、
ウェイトレスの女の子に声をかけられました。

「間違っていたらすみません。アクティブウーマンの桜井さんじゃありませんか?」

あ、はい、って答えたら、


「ああ!やっぱり!ショートヘアだし、テニスラケット持ってるし、半袖だし」


半袖だし、という認識に笑えました。半袖でしたけど(笑


いつもメルマガを読んで下さっていて、
私がテニスをするのもご存じだったようです。



1年前にカウンセリングを受けて下さったそうです。
しばらくおしゃべりしましたが、彼女も仕事中だったので、
「またゆっくりオフィスに来てください」と別れました。


渋谷界隈でうろうろしていると、
お客様との遭遇率が高そうです。

あ、練馬区でも遭遇したことあるな。





オフィスで会うのと、街中で会うのって
なんとなく印象が違うので、間違っていたらどうしよう、、って
ドキドキする気持ち、分かります!


私もテニスコートで会った人を街中で見かけたことがあって、
絶対あの人だけど、間違ってたら恥ずかしいな、、と
しばらく後をつけてじろじろと確認したことがあります。


なので、声をかける時にとても勇気がいるのは知っているので
嬉しかったです!


ちなみに友人のフェイスブックでいつも顔を見ているので
自分が知っている気分になっていたけど、
実は面識がないのに、街中で遭遇した時に思わず声をかけちゃった、というパターンもあります。


「あ!こんにちは!!」と声をかけたら、さすがに相手は「???」という
顔をしていました。





ちなみにオーストラリアでのお客様との遭遇率はもっと高いです。
シドニーとパース以外の全ての街で、
「アクティブウーマンの桜井さんですよね?」
と声をかけられたことがあります。
シドニーとパースで声をかけられたら、取扱い都市を全て制覇です(笑


面白かったのは、先日メルボルンに出張した際に、ビジネスセミナーに参加しました。
そこで出会った日本人女性に「誰かに似てるって、言われませんか?」
と聞かれました。


「う~ん、誰かに似てるんだよなあ」という感じで
その人は考えこんでいました。


で、しばらくおしゃべりしていると、
なんとやはり私が大昔にカウンセリングしたことある方でした。

「あ~、だから見たことあるんだ!」

という感じで納得していました。
全く留学と関係ない場所で再会したので、
ピンとこなかったようです。


誰かに似てるの”誰か”は、桜井彰子本人だったわけですね。




話しは変わって、中島ばお君の本を読んだので、
紹介します。すごい子ですねえ。
これは彼が10歳の時に書いた言葉です。



「悩みってその人の宝物で、その人から奪っちゃいけないと思うんです。
現実ってその人に必要だから起こっているいることだから。」



「迷うということは、どちらでもいいということ」


「1回だけやって絶対無理だというのはおかしい。1度もやらずに絶対無理だというのは
もっとおかしい」



「正解のない世界で生きていく僕たちは、好きなことをやる勇気が必要だ。
自分の勘を大切に。自分に正直に。自分が好きなことをやる勇気」



「意味を考えると意味はなくて、それをやる必要があるのか、と思ってしまう。
ただ、意味は必要なかった。意味はなくて、それに夢中になっているだけだ」


「やろうとしないから、やれないんだ」


「僕は誰かになれない。誰かは僕にはなれない」


「”こわい”は、やりたいということ。やりたくなかったら”やりたくない”って思うから。
”こわい”ということは、やりたくないわけではない」


「自分がご機嫌に生きるということ以外、大切なことはない。
自分がご機嫌である。それ以外は必要ない」



ここまで。



ばお君は小学校へ通学せずに自宅学習という方法を
とっている時に、この原稿を書いたそうです。


9歳のときから著名人のセミナーに1人で参加するようになり、
出版社へ「本を出したい」と自分でオファーをしました。


子供だから、と大人が枠にはめるのではなく
彼は一人の人間として意見を発しているし、
大人に見下されることにもジレンマを感じているようです。



これは私たちにも言えることですが、
20代だから、上司や年上の大人たちの意見を聞かないといけない、
ということはありません。


10歳の子供がその真実を知っています。