圧倒的にやる気を引き出す方法

今日も風がごーごーと吹いています。
ぬるい温度の東京。。


先日の夜間に、テニスの1000本ノックみたいな所に
行って打ってきました。ラケットを持つ指の皮が
1時間でべろっと剥けました。


夜11時頃に帰宅して、翌朝また8時に起きて3時間テニスをしたら、
コーチの話を聞きながら寝そうになりました。
さすがに午後は動けなかったです、、、





土曜日は東京&大阪の同時セミナーです。大阪はまだ受付しているので
留学の情報収集をしている方はぜひご参加下さい。



日曜日(東京)のカウンセリングはほぼ満席です。
土曜日のほうがゆったり時間がとれるので
今から週末のカウンセリングをご検討している方は
土曜日へどうぞ。



カウンセリング詳細ページ
https://activewoman.jp/info/voice.php



大阪のキックオフセミナーは現在12名です。
出発が近いお客様が集まって、みんなであれこれと準備確認を一緒にします。
この時に質問事項も受け付けます。


キックオフ申し込み
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=344212




「ムダにならない勉強法」という本の中で

”今やっていることは10年後の自分への貯金”

と書かれていました。




留学や海外生活はまさにその10年後のための貯金だと思います。
今はいろいろなものを犠牲にしたり、捨てたり、
たくさんの我慢が必要かもしれません。



でも、今は貯金の真っ只中。
誰のためでもなく、あなた自身のです。
誰かを喜ばせるために、誰かの期待に応えるために
留学したり、英語の勉強をするのではありませんよね。



自分のため、です。
留学そのものは1年かもしれませんが、
その1年は10年後のあなたに間違いなく影響します。

あなただけじゃなくて、海外にトライしていてあなたを見ている
まわりの人達にも影響を与えるはずです。



SNSであなたの生活を拡散してもいいし、
弱音を吐いても、自慢してもいいです。
そんなあなたを周りの人たちはスマホ越しに見ています。
でも、きっと心のどこかでそんな頑張るあなたを
羨ましく思っているはずです。



最後にがむしゃらに何かにトライしたのはいつだっけ、、、?


そんな風に思う人は少なくないと思います。
私は28歳の時に日本を飛び出しましたが、
がむしゃらに何かに挑戦したことがないのが悩みでした。
あらゆる決断と責任を避けてきて、30歳を目前にしてしまいました。



だからもう、誰かの期待や承認を得ることは無視して
自分のために飛び出しました。


あれから17年たちますが、あの時に日本を飛び出して
オーストラリアで暮らした私の1年という貯金は、
大きな利子をつけて貯まり続けています。



そして、「一緒にやる仲間を作る」
これも勉強を続けるうえではとても大事です。


一人でコツコツやっていたら、何も続きません。
私はテニスをしますが、下手ですけどゲームをやる仲間がいたり、
教えてくれるコーチがいるから続いています。

これが一人で壁打ちして練習していたら、
続かないと思います。



英語の勉強も家で一人でやっていて続いたら
今頃、英会話スクールは存在しません。
仲間とコーチが必要だから、みんな学校へ行くんです。


一緒に学ぶ仲間を作る。
語学学校はそういう場所です。
ただ一人で海外へ行っても
英語を話せるようになる前に、心が折れてしまいます。
仲間を作って、一緒に乗り越え、そしてあなたが仲間を助けましょう。





追伸:


樺沢紫苑(かばちゃん)という精神科医youtubeチャンネルです。
なかなか面白いので、見て下さい。

「圧倒的にやる気を引き出す方法」

https://www.youtube.com/watch?v=ex2TzqLpk8U


やる気を引き出すには「やらなければならない状況」になるしかない、と言っています。

夏休みの宿題を最後の1日でやる子は多いですが、
最初の1日で片づける子はいませんよね。