ドーパミン(幸福物質)の出し方

昨日は10:30からぶっつづけで
しゃべりっぱなしでした。

10:30からは私の思い付きで開催した
出張報告会。


3人くらい来てくれればいいな、と思っていたら
ほぼ満席でした。


その後の午後からは通常の留学セミナー、
そして夜までカウンセリングでした。


セミナーでは「落とされる履歴書の書き方」を
話すと、みんなが「えっ!!!」というリアクション。
リアクションしてくれると話す側は嬉しいです(笑



大阪でも同じ内容でお話しますね。
やっぱり現地のリアルなお話をすると
みんな楽しいと思います。
1時間のセミナーはあっという間に終わります。


大阪に毎月行くことになりました。
関西方面の方はぜひ個別相談にもご利用下さい。

「東京までこなくていいので、助かります!」

と、言って下さいます。
関西のアクティブガールズをどんどん増やしていきますよ。

九州や沖縄のアクティブガールズたちとも
直接お会いしてみたいです。




さて、先日「覚えない記憶術」という本を読みました。
その中の内容をシェアします。

世の中には知識と情報がありますが、
スマホをいじって得られるのは「情報」であって
知識ではない。だから、スマホを何時間眺めていても
それで知識が増えることはない、と書かれていました。


私は時々youtubeなんかを見始めると
気がつくと何時間もたっています。

かといって、見た後に何か知識がついているかというと
そうでもない。確かにネットは上手に付き合わないと
時間泥棒になります。


スマホをいじる時間を減らして、
本を読もう、と書かれていました。
これも納得。



そして、英語の勉強もそうですが、
全ての勉強はインプットばかりして
アウトプットの時間が圧倒的に少ない。
インプットの3倍のアウトプットをするべきだそうです。


英語も同じですよね。
語学学校のフルタイムの授業は1日4時間です。

たったの4時間、と思うかもしれませんが、
インプットを4時間したら、
アウトプットを12時間しないと覚えません。

授業時間がただ長いだけでは記憶に定着しません。
そのあとに、アクティビティや友達との会話など
積極的にアウトプットの時間を増やして下さい。

どんどん使う(アウトプット)が
記憶に定着させる一番の手段。


また、人はできたことよりも、出来なかったことを
覚えているそうです。


模擬テストや過去問などをどんどん解いてみて、
出来なかったところだけを覚えれば
どんどん正解率があがります。

過去問はテスト対策には一番有効です。
参考書よりも効果があると思います。


同じように、恥ずかしがらずに
どんどん英語を口に出してみて
間違えて下さい。

間違えたところをちゃんと覚えますから。
間違えないと覚えませんよ。




★ファーストチェス理論

プロのチェスプレイヤーは5秒で考えた手と
5分考えた手は、その判断の時間は関係なく
ほぼ一致するそうです。

長い時間をかけても、
判断結果とは比例しないという
良い例です。


5秒で決めるのは直感に近いですが
意外とこれであっているものです。


留学も同じで、長く考えても答えが出るとは限りません。
思い付きで動いていいのだろうか、と不安になるかもしれませんが
思い付きが一番成功だったりします。



何もないところから、思い付きは生まれませんから。

シャワーを浴びている時や
洗面所で歯を磨いたりしている時に
私はよくいろんなことを思いつきます。

きっと脳がリラックスして
直感が働いているせいだと思います。




ドーパミン(幸福物質)の出し方


脳の中で「モチベーション」や「やる気」を出してくれるのが
ドーパミンという物質。
これは運動するだけで分泌されるそうです。


ドーパミンはそれ自体に記憶増強作用があります。
ドーパミンが分泌されると、モチベーションがアップすると同時に
記憶力もアップされます。

ドーパミンは幸福物質ともいわれており、
ドーパミンが分泌されると幸福感を覚えます。


語学学校で夜のジョギングや、
ウォーキング、バスケなどをアクティビティでやっている
ところがありますが、学生の記憶力の定着と
ドーパミン分泌効果を考えると
とても理にかなっているのかもしれませんね。



★イヤなことも覚えてしまうのでご注意


記憶の定着方法で、1、3、7日後の復習が
最も効果的らしいですが、ネガティブなことも
覚えてしまいます。


失恋した友達の相談を
あなたも聞いたことがあると思いますし、
もちろん自分も身に覚えがあると思います。


一度だけ愚痴をこぼして、二度とその話をしない、という人は
少ないはずです。


何度も、何度も、違う人に会うたびに
同じ愚痴を言っていませんか?


これって復習の法則に当てはまります。
短いサイクルで、何度もアウトプット。

こうして悲しみの記憶はあなたにしっかりと
定着するそうです。


愚痴も同じ。


気が済むまで何度も同じ愚痴を
会う人ごとに言っていると、
結局自分がずっと気分が悪いままです。


適切なタイミングで復習しているので、
脳がどんどん覚えていきます(笑


愚痴は仕方ない。
誰にも相談するなとはいいません。

その代り、一回思い切り愚痴を言ったら、
それで終わり。
二度と言わない。

脳の原理で24時間後には74%忘却します。
残りの26%はアウトプットしなければ
必要ない情報として99%忘れていきます。


こんな理論、考えたこともなかったので
とても面白かったです。


学んだことはどんどんアウトプットしましょう。
嫌なことは復習しないで忘れましょう~