読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年に一度の天才と言われたけれど、がんで声を失ったテノール歌手

昨日、大阪セミナーとカウンセリングを
受付を開始しました。
上記のリンクを押してぜひご参加くださいね。



大阪セミナーはすでに12名のお申し込みがあります
2月は50名の会議室を借りているので
無限にお申し込みを受け付けます(笑


毎月やっていくので、今回これなくても
また来月以降に申し込みできますから
安心して下さいね。


東京の今週末の留学説明会はすでに満席です。
その前に行われる出張報告会も、残席1となりました。



今日、パワポで写真の整理をしていましたが
アルバムを作っていたら100枚にもなりました。



厳選してテニスや出会った経営者、現地で頑張る女子たち、
アルバイトやカフェ、著名人との出会いや会話など
私が1か月でしたきた濃すぎる体験をシェアしていきますね。





昨夜は渋谷東急本店にあるオーチャードホール
オペラ歌手の公演を聞きにいきました。



このオペラ歌手は、ベー・チェチョルという韓国人で
100年に一人と言われた天才テノールです。
アジアの宝と言われたその声で、ヨーロッパで活躍していました。


ところがその彼はがんにかかります。
甲状腺がん


命は助かりましたが、歌手である彼は死にました。


声を失ったのです。声帯と、さらにオペラ歌手の命である
横隔膜まで麻痺してしまいました。




ですが、彼の声を再び聞きたいというファンの助けで
彼は日本で声帯機能回復手術を受け、成功。


しかも、医学的には説明がつからないらしいですが
なぜかのどの手術とは全く関係のないところで
横隔膜まで動き出しました。


その後のリハビリで、2008年、再び歌うことを始めました。
完全に声と肺活量を取り戻したわけではありませんが
プロとして十分に復活しました。


『ザ・テノール 真実の物語』として映画化。
これも見ましたが、感動しました。



昨日の公演では、リハビリ中の彼が
韓国の教会で手術後に初めて人前で歌った
貴重な映像が流されました。


それまでは合唱で讃美歌を歌っていた彼ですが、
ある日牧師に、ひとりで歌ってみたいと申し出ます。

人はまばらで10名くらいしかいません。


伴奏が始り、彼が歌いはじめました。
声量は少ないですが、あの奇跡の歌声が
再びでました。

ですが、高い声はまだかすれます。


これだけでも十分感動しましたが、
途中、彼は歌うのを止めてしまいます。


理由はふたつ。



人前で歌うことが出来たという喜びに感極まってしまった。
もうひとつは思うように声が出ないジレンマ。


伴奏だけがむなしく響き、黙ってうつむく彼。
すると、そこにいた信者の人たちが
一緒に讃美歌の続きを歌いだしたんです!


昨日の会場はこれで一気にすすり泣く声が。
私もじーんとしました。


最後にユー・レイズ・ミー・アップを歌ってくれましたが
もう最高でした。


この曲の歌詞は様々な和訳がありますが、
私が個人的に勝手に思うのは

「あなたが私をここまで引き上げてくれた」


みたいな感じで、「あなた」とは神のことかな、
と解釈してます。
いずれにしても壮大な歌で、生で聞くと感動します。


昨日は会場が号泣で、最後は総立ちで拍手喝さい。
私も久しぶりに触れる芸術にうっとりしました。


いつもそうですが、
そこにあるリアルなものに触れる、感じる、出会う。

これってすごく大事なことだなと思います。

クラシックは普段聞くことはありませんが
「興味のないものにも、興味をもつ」ことは大事です。


なんでもオープンに好奇心を持っていれば
こうした素晴らしいチャンスにも出会えます。







★感動体験が続々!留学を決めた女性たち

>>http://www.ousutoraria-ryuugaku.com/



★恋におちて~留学編~

>>https://activewoman.jp/fallen_in_love.php


★疲れた女子にお薦め!
月を眺めて泳ぐデトックス留学

http://ur0.pw/ANX7