読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人は見たい世界を勝手に見ている

先日、出張中のメルボルン山崎拓巳さんのセミナーに参加してきました。
拓巳さんの本は大好きで、私はメルマガでもよく引用しています。


そんな拓巳さんの話で少しシェアしたいことがあるので
書きますね。



「人は見たい世界を勝手に見る」そうです。



例えば妊婦になったら街中は妊婦だらけになる。
赤い車が欲しいな、と思い始めたら
突然、赤い車がたくさん街に出現する。



子供ができたら、スピードを出しすぎている車が
たくさん出てきた。


お分かりかと思いますが、どれもこれも
元々そこにあったもの。


今まで見えていなかったけど
自分が意識した瞬間に見え始めます。



自分が妊娠する前も妊婦は目の前を歩いていたはずです。
でも、自分が興味がないから目に入ってこなかった。


スピードを出す車も走っていたはず。
でも、自分一人だと別に気にしなかった。


それが子供ができたら、突然「危ないなあ」
と意識するようになった。



でも、あなた以外の人には

「そんなにスピード出てたっけ?」

と、見えていないはずです。



誰かの意見は、その人が見えている世界だったりします。


例えばテレビで中東のテロのニュースを見て、

「海外に行ったら危ない!」

と考える人もいます。

オーストラリアはぜんぜん中東ではありませんが
世界で起きたこと=日本以外の全部、
と考える人もいます。


私の中学の同級生はそうです(汗
まだ小学生の自分の娘を
海外には出したくない、と言っていました。


私と同世代なのに、どうすればこんなに考え方が
偏るのか、、と驚きでした。



その一方で、英語力がどんどん必要になって、
航空券も安くなって、AirB&Bが当たり前になって
日本にいる外国人がどんどん増えてきて、
世の中が急激に変わっていくのを感じている人もいます。


そんな人は、「いまどきやっぱり、日本しか知らないのはやばいな」
と思うかもしれません。




あなたにはあなたの見えている世界があります。


自分の見たい世界を見ていればいいんじゃないかな。
これを考えると、誰かと完全に一致するのは不可能ですよね。






もうひとつ。



心の中でフォーカスしていることが
現実になる。


心配ごとは起きやすい。
それは心の中で心配だと思っているから。



心の中で思ったことは現実化する。
もしこれが本当だしたら
ヘンなことを考えるのは怖いですよね。





最後に。


英語を話せるようになりたければ
英語しか話さない人と一緒にいるのが一番です。

それと同じで、
前向きな人と付き合うと前向きになれます。


断片的な私のメモに書いてあった
たくみさんのお話。