読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体験するまでは虚像

”体験するまでは虚像”という言葉がありました。


体験するまで、
それが本当かどうかは分からないってことです。


私はホテルを選ぶときに
アゴダとか、エクスペディアとかの
ホテル予約サイトを見ることが多いですが
そこでの批判、称賛を読みます。


人は自分がたまたまその時に出会った経験が
良かった、悪かった、と書き綴ります。



100人全員が「最低だった」と書いていれば
本当に最低なんでしょうけど、
そうでなければ、多少の批判があっても
行ってみないと分からないな、
といつも思います。



留学も同じで、ある町を誰かが
「田舎で退屈な町」と書いたとして、
でもそんな退屈な町はある人にとっては

「田舎なのですぐに地元の人と仲良くなれて、最高な町」

となることもあります。



誰かの評価は「ふ~ん、そんなこともあるのか」
という参考までに知っておくのはいいですが
他人の価値観が全て正しいと信じてしまうと
振り回されてしまいます。


真実はスマホのスクリーンの中にはありません。
ありもしない幻想が
そこを埋め尽くしているだけかもしれません。



みんなが自分の主観で、
良い、悪い、と勝手に意見をいいます。


それは自由なことですが、
結局は自分が一番行きたいな、
と思う場所に行くのが
一番いいかなと思います。



海があったほうがいいな、
と思えば海のある町に行けばいいし、


留学なんて行ってどうするの?


という人がいるかもしれないけど
行ったことがない人の話を聞いても
仕方ないな、と放っておいて
自分が行きたければ行けばいいと思います。