何年も前から悩んで留まっていたことがどんどん進んでいきました

<お名前> 
I・Yさま

渡航都市> 
ブリスベン

<学校名>
ブラウンズ 


渡航都市を選ばれた理由は? 
 
海が近い場所がいいなとはじめのうちは考えていました。
ゴールドコーストを検討したり
お洒落な街と言われている、メルボルンもいいななんて考えていましたが
メルボルンは東京の西側のイメージがあり、真逆の東側にある江戸川区で生まれ育った私には
ちょっとお洒落すぎるのではないかと思い選択肢から外れました。
 
ゴールドコースとの一面に広がる海にも憧れがありましたが
メルボルンゴールドコーストも観光都市のイメージが強く
周りに看過されやすい私の性格上、遊んでしまう可能性大!!!
 
なので、学園都市との言われている都会すぎず田舎すぎずなイメージのブリスベンに決めました。
下調べをしている際に、中心地の近くに近代的な建物の図書館があることを知り
土日はここの図書館を使用して勉強するのもいいななんて妄想してます。笑
 



●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか? 
 
帰国してからの就職についてです。
会社によっては、長期の休暇を取りワーホリや留学が可能なところも
あるようですが私の勤め先にはそのような奇跡のようなシステムがありませんでした。
あるところの方が少ないかもしれませんが...
留学とワーホリを合わせて、トータル二年半渡豪する予定の私は
帰国した時には、ゾロ目の年齢目前!!!笑
就職先を見つけることなんぞ出来るのかと不安しかありませんでした。
 
しかし、桜井さんのメルマガを読んでいると
今までの悩みが嘘のように溶けて無くなっていくのを感じました!笑
 
言葉の力ってすごいですね!!
桜井さんの一言一言が凄く心に響いたんです。
何年も前から悩んで留まっていたことがどんどん進んでいくんです。
 


●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか? 
 
何の目標も持つ気になれないまま、会社と家との往復をしていたと思います。
勤め先は、勤務時間が遅かったため夜行性な生活から抜け出せずにズルズルと過ごし
30代を迎えていた可能性が高いです。



●出発までに何か躊躇することはありましたか?
 
家族と離れて暮らすことです。
両親と離れて生活をするのが正直想像がつきませんでした。
愛情たっぷりで育ててもらい
いつも私の生活には両親のサポートが沢山あり
30歳目前まで、甘ったれな生活を送っていました。
今回の渡豪に関して相当心配をしていたので
両親に安心してもらえるように、早くオーストラリアでの生活に
慣れたらと思います。


●アクティブウーマンを選んだ理由は?
 
アクティブウーマンのサイトを見つけてから
全ての扉がどんどん開いたように思います。
資料請求をしてからの案内bookや毎日のメルマガを拝見させて頂いて
もう気持ちがアクティブウーマン以外ないなって思ってました。
桜井さんからのメールがいつも楽しみで楽しみで
出発まで、毎日のようにお昼過ぎに届くメールがとても待ち遠しかったです。
 


●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか? 
もし、行きたい気持ちがあっても行動に移すことが出来てないのなら
騙されたと思ってメルマガを登録してみて♪