読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この道を進んで行こう

多くの女性たちが自分探しをしていると思います。
ある記事に、

私たちはこれまで

他人と同じ成功、
同じ勝利
同じ発想
同じ生き方


を目指してきたのではないでしょうか。
と書かれていました。


もちろんそれで、今の自分に満足していればいいですが
たどり着いた今の自分になんだか満たされなさを感じているなら
多分その考えは「自分に合っていない」


「人気の色はこれです」


と、店員さんから奨められたり、
「雑誌に紹介された服はこれです」

と、奨められたものに
私は全く魅力を感じません。



他人の好みを紹介されても、
人気の色だとか言われても、
それを自分が好きかどうか、が
一番大事です。


他人と同じ成功、なんて言葉があるのなら
それもおかしな話です。
成功の定義はそれぞれ違います。


セレブが成功しているかどうかは、
セレブじゃないと分かりません。

家庭がボロボロだったり、
人脈が欲しい人ばかり集まって
寂しい思いをしているかもしれません。


貧しくても、
家族が一緒で楽しく団らんして、
「毎日が幸せです」
「自分の人生が大好きです」
という人もたくさんいます。


見えている部分だけで
判断しても仕方ない。


人に嫉妬を感じたら
「自分には違う役割がある」
と思って下さい。


人間の基本的な欲求って
結局は誰かに認められたいこと、
そして、誰かの役に立ちたいこと、
だと思います。


人によって与えられた条件は違います。
容姿も国籍も性格も能力も。

だからみんな考え方が違って当たり前。
行動も言動もみんな違う。
だから人生だってもちろん違う。


だから、比較することそのものが
もう不可能。

相手は持っているのに
自分にはない、とか。

天才バカボンのパパが言いました。

「これでいいのだ」


そう、人生はこれでいいのだ。
あなたは、あなたで、
それでいいのだ。



おカネやモノや地位や学歴。
自分が幸せになるためのものは
外にある?だから頑張って
社会で価値があると認められるものになる?


そんなことをしても「足りない」と思うようになるだけ。
他人の嗜好も思考もうつろいやすいもの。
そんなものに振り回されたら
疲れてしまいます。


自分が「よし」と納得できれば
それでいいじゃないですか。

自分の「よし」を基準として
外の世界に振り回されずに
生きてみる。


いつも動揺して、ふらふらと
さまよわないように。


この道を進んで行こう、
と思ったら、
進んでいきましょう。


この生き方に間違いはない、
そう信じましょう。