読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「100日間拒絶されてみる」というチャレンジ

さて、今日は「拒絶への対処法」
というTEDのスピーチを紹介します。

TEDはアメリカのスピーチ番組ですが
英語の勉強にもなるし
あらゆるジャンルのプレゼンが見れて面白いです。
ネットだと字幕がついています。


このスピーチは30代の中国人男性が主人公。
彼は北京育ちで14歳の時に
ビルゲイツが講演に来たそうです。


そこで感銘を受けて、自分も起業家を目指して
16歳でアメリカに来ました。

大学を卒業して、就職して、結婚して、
家も買って、犬も飼って、
30歳の時には奥さんが妊娠しました。


全てを得た彼でしたが後悔の念がありました。
起業という夢です。
14歳の時のビルゲイツの衝撃。
アメリカに来たのに、結局起業できていない。


そんな彼を見てお腹の大きな奥さんが言いました。


「6か月だけあげる。
それでやれるだけのことをやってみなさい。
後悔だけは絶対したらダメ」



子供が生まれる4日前。
彼は会社を辞めました。


そして企業へ投資のお願いや
プランのオファーをしましたが、ことごとく玉砕。
拒否されつづけて、4か月後に彼の心は折れました。


もともとむいてなかったんだ。
また就職先を探そう。


ですが、奥さんが言いました。


「私があげたのは6か月よ。
4か月じゃない。
あと2か月残ってるでしょ!」


奥さん、偉いです、、



一念発起した彼は、
どうやったら「拒まれることへの恐怖」
を克服できるかを探しました。

そして思いついたのが、100日間、
拒否されることをわざとして、
その動画をとってブログを書いてみよう!でした。
たくさん拒絶されて
慣れるってことですかね。


そして彼の100日の拒否への挑戦が始まります。

ハンバーガーショップで、
ハンバーガーの中身だけのお替りを頼んだり、
トリマーへ行って、髪を切って欲しいと頼んだり。


当然「ダメ」「無理」の連続です。
変人だと思われています。


が、拒否され続けたある日、
お願いを受け入れた人が現れました。


ドーナツショップで、
自分用にカスタマイズしたドーナツを作って欲しい、
とカウンターで聞いてみました。


店員さんは「どんな風なのがいいの?」と聞き返しました。
彼は「えっと、オリンピックの柄みたいに色をつけて、箱にいれて欲しい」
店員は「いつまでに欲しいの?」
彼「え???(まさかやってくれるの?)、えーと15分後」



そして、オリンピックの柄のドーナツが箱に収まりました。
店員さんがちゃんとグーグルで
オリンピックの五輪の色を調べて
れいな5色にしてくれました。


料金を聞くと、なんと無料でした。
店員さんが「私のおごりよ」

彼は感動して、握手をして、
さらにハグをします。
私も感動しました。



ここから彼の拒否されることへの恐怖がだんだんと薄れていき、
奇跡がどんどん起こり始めました。


パトカーの警官に
「運転席に載って写真とっていい?」
警察官「いいよ」


知らない人に


彼「お宅の裏庭でサッカーしていい?」
知らない人「いいよ」


極めつけは飛行機の中で


彼「機内アナウンスを代わりにしていい??」
CA「いいよ」


拒否されることは痛みですが、
承認された時は大きな喜びにも変わります。


ドーナツショップの店員さんの対応は感動しました。
文末のリンクにその時のリアルな動画もあります。
海外だとこういう対応してくれる人が多いですよね。


私もよく「お金はいらないよ」と
サービスしてもらうことが多いです。
え?まじで?みたいな経験がたくさんあります。


こういう事があると
人を信じるようになるし
心の器のようなものが広がります。


人間って面白い。
そんなことを感じる動画です。




これ
http://ed.ted.com/on/TgifKjJZ