読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな枠から飛び出そう

昨日、日曜日の渋谷オフィスは
カウンセリングが満席で
忙しかったです。
12月は毎年そうですが
駆け込み申し込みが多いです。



私は横浜でセミナーがあったので
カウンセリングの後は
慌ただしく横浜へ出かけました。


私はできるだけ成功している人の話を聞いたり、
自分の生活圏と違う誘いを受けてみたり、
成功している人のそばにいるようにしています。


聞いたことのない世界に刺激を受けて
その刺激を周りに還元するのが
私のように人を引っ張る人間の
仕事の一つかな、と思います。



自分が満たされてくると、
次は人を満たすことを考え始めます。


社長が熱くなくなったら
会社は終わりです。


熱くない人はそもそも会社を経営する
資格もないと思います。
起業した人間は何かを成し遂げたくて起業しています。


自分の思いを形にしたくて
それをストレートに表現できるのが起業という道です。

なんとなく起業してみたのが11年前ですが、
最近やっと起業の意味と
その面白さが分かってきました。





■何を頑張るかよりも、、

今ある環境を頑張るのもいいですが
それよりも大事なのは
「何を選ぶか」です。
100倍くらい大事だと思います。


ブラック企業で遅くまで残業して
「頑張っているから
きっといつか良いことがある」
と考えても、良いことは起こらないと思います。


そもそも居場所を間違ってる。
ただやみくもに頑張っても仕方ない。


本当に大事なのは
何をやるのか。誰とやるか。
それをまず選ぶこと。


皆さんは住む場所も仕事も友達も
自分で選べるんですよ。


なのに、与えられたものの中で
なんとかやりくりしようとしている。


自分でどんどん制限してる。
持ってるものの中で何かをしようとしているから
どんどん小さくなる。
考え方も何もかも。


なんでもしていいよ。
お金も時間も気にしなくていいよ、
と言われたら、何をやりたい?


どんな仕事をしているかなんて
あまり関係ない。
どんな生き方をしているか。
そっちのほうが大事。


会社なんてあなたを守ってはくれないですよ。
安全なんかじゃないですよ。
大企業だから安定?
良い会社を出たほうが安定?
そんなことないですよ。


自分の身は自分で守って下さい。
会社は守ってくれないし。
何よりもその会社にこれから40年も
いたいですか?


ひとつの仕事にずっとしがみつくのは
もう古い。
その仕事に情熱がないならば
どんどん別の世界にトライしてもいいと思います。


若いうちは挑戦する自由があります。
それを放棄したらもったいない。

なんでも自分で選んでいいんですよ。
小さな枠から飛び出そう。