読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚悟をしてみよう

今日も吉田松陰のお話をシェアします。


何かが決められない?
そんな時は、やるのはこれだけ。


「覚悟しろ」


覚悟すること。
怒られても、けなされても
やる、と覚悟すること。


覚悟することで
不思議と道は開けます。


まわりの態度も環境も変わります。
だって、人の心ってまわりに伝染するから。


一度でいい。
「やる」と強く心から願って下さい。
心の力はすごいですよ。


私の友人は心の力を上手に使える人ですが
満員電車でも

「入れて~」

と心の中でお願いすると
どんなに満員でも、するするっと
中に入れてしまうそうです。

なんとな~く、人がするすると
避けて空間ができるそうです。
あ、別に臭いとか
そういうのじゃないですよ。



■頼る人がいない人は
自分を頼ることを忘れていませんか?



自分を頼ろうと思ったことはないですか?
ほとんどの人はないと思います。
一度やってみてください。

必ずなんとかしてくれるから。
だって自分に悪いことなんか
するはずないですよね。





■やるか、やらないか。



これだけです。ほんとにこれだけ。


人に相談してもなんでもいいけど、
で、結局やるんですか?
というところに逆戻り。
でもこれが一番確信をついていますよね。

「で、やるんですか?」



■出会いと別れを繰り返そう。



そして、素敵な人だったな、と
相手の記憶に残る人になろう。


相手の人生にじわじわと影響を与えよう。


仲間になりたければ、
はじめから仲間のように接しよう。


人生の残り時間を考えよう。
残った時間で何ができるか。
人生はいつまでも続きません。
20代も続きません。
若さも自由も続きません。


動ける自由に気が付いたら
やり残していることを臆さずにやればいい。


吉田松陰は30歳で死刑になりました。
死ぬことが分かっていながらも
彼は海外へ密航しようとしました。


私たちは松陰よりもはるかに自由な
時代に生まれました。
30歳で海外に渡航して死刑にもなりません。
30歳で散った命があります。


でも、人の命は長さではないと思います。
どれだけのことをしたか。
その密度だと思います。



以上、吉田松陰の本からのお話。