読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももクロの掟

マネージャーの土屋用に
バランスボールを買いました。


仕事をするときに集中力がついていいようですが
うなづいたりして体を動かすたびに、
ボヨンボヨンしてしまうので
カウンセリングの時は普通の椅子にするそうです。


まじめな話をしている時に、
相手がボヨンボヨンしていたら
確かにイヤですよね。


バランスボールに座る土屋
http://ameblo.jp/activewoman/entry-12222836535.html






ももいろクローバー、ってアイドルグループがいますよね。


ももクロは結成当初に「掟」があったそうなんですが、
それは絶対に「出来ない」と言わないことだったそうです。


その代わりに「どうやればできるんだろう」
と常に考え続けたとか。


ももクロのメンバーは最初は
みんな普通の女の子だったと思いますが、
こういう掟のもとで鍛えられて、
人気アイドルグループへと変化をとげました。


私の40代の知り合いの男性も
ももクロのファンです。

「なんか、あの一生懸命さがいいんだよね~」

と、おじさんたちにも勇気を与える存在になっています。


英語学校には「母国語禁止」ルールがある学校があります。
これも掟ですよね。


掟があるから、できない理由を探さなくなります。
掟は絶対です。


禁止なんだから、もうあきらめる。
そして片言だろうがなんだろうが
英語を使うしかありません。


掟は自分で作れれば一番いいですが
人はなかなかそこまで強くありません。

誰かが決めたから、従うことを
心のどこかで楽しんでいると思います。

だって、本当に本気で嫌なら
辞めればいいわけですから。


自分はどこまで変われるんだろう、というのを
心のどこかで、他人ごとのように
楽しんでいる気がします。




そんな母国語禁止学校の一つに
ケアンズのサンパシフィックカレッジがあります。


他と比べて特徴がはっきりしている学校ですが
ビーチ近くの郊外で、3食付きの学生寮があります。
近所の人たちもみんな知り合いなので
ホームステイもできます。


そのサンパシフィックにNEASという
調査機関が来て
学生さん111人にオンラインアンケートを行い
学校の実態調査と学生の満足度調査を行いました。


ちなみにNEASとは、

================

NEASとは、オーストラリア政府機関による英語教育機関の認定制度であり、
クラスの定員数、教師資格、カリキュラム、教授法、教材等に厳しい基準を定めています。 

この認定制度にはホームステイ先などの宿泊施設の手配やサポート、
留学生に対するアドバイスなどの滞在中のケアも含まれています。

================


送られてきたその結果にびっくりしたので
シェアします。



90 % of our students think SPC is a good place to study English.
(90%の学生が英語を学ぶのに良い環境だと思っている)

96 % of our students say they enjoy their course.
(96%の学生がコース内容を楽しんでいる)

96 % of our students think the lessons are well-prepared.
(96%の学生が授業はよく準備されていると感じている)

97 % of our students like their classroom.
(97%の学生が自分の教室が好きである)


97 % of our students think their teacher explains things clearly.
(97%の学生が先生がしっかりと教えていると感じる)


99.5 % of our students think the teachers are helpful and kind.
(99.5%の学生が先生がとても親切だと感じている)


99.5 % of our students say their teachers use modern technology for teaching.
(99.5%の学生が先生が最新のテクノロジーを使っていると答えている)


94 % of our students like the amount of homework they get.
(94%の学生が宿題の量に満足している)


あえて原文も載せておきましたが、
これって凄くないですか??

90%超えの科目がめちゃめちゃ多い。

さらにカフェテリアももっとたくさんのチョイスを
学生さんができるように、ビュッフェ方式に変えたとか。


この学校の学食、私も視察に行くたびに食べてますが
本当に美味しくて、ご飯が楽しみなんですよねえ。
自分のキッチンがあっても、結局学食のご飯食べちゃいます。
一人分を作るの面倒くさいし。


ここの先生たちのサポート力がまた凄いんですが
夏休みに「JAPAN」のスペルも書けない、ちょっとギャル気味の女子の
留学をお手伝いしました。


おしゃれと男の子にしか興味がないような
若いギャルが、はたして大自然の環境で
大丈夫かしら、と心配でしたが、
なんと毎朝5時起きで、一度も遅刻することなしに、
しっかりとクラスへ行きました。


楽しすぎて、帰りたくない!といい、
今度は長期留学でまた戻ってくる!と宣言までしました。

人は環境で変わるものですね。。。



そんなサンパシはこちらです。

>https://activewoman.jp/aus/school02/school01.php