日本にいた時に自分がいかに恵まれた環境にいたかを知ることができました

・お名前
N・Hさま 

 

 ・学校名
Langports


 ●自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどを
 なんでもご記入下さい!

 ゴールドコーストで2ヶ月間学校へ行き、とても充実した学校生活を送りました。いろんな国の友達とBBQをしたりパーティーをしたり、本当に楽しい毎日でした。

Level4〜5のクラスは日本人も少なく、自分より英語力が上の他国の人と学ぶのは刺激的でした。オプションクラスでSpeakingの上級クラスを取っていましたが、他国の人と様々なテーマでディスカッションしたり、自分の国のことを教えあったり、とても充実したクラスを受けることができました。


アルバイトは日本食レストランで週3(時給10ドル+チップ)くらいで働いていましたが、仕事をし始めた時期のゴールドコーストが閑散期(5月〜)ということもありなかなかいい仕事を見つけるのが大変でした。

シェアハウス探しは順調にすることができました。1ヶ月でホームステイが終わった後、学校の友達のブラジル人の紹介でホームステイ形式の家に1ヶ月半住みました。(食費込み週200ドル) 今考えると少し高かったけど、家はニュージーランド人の夫婦のお家で、2人がすっごく優しくてお家も豪邸でクルーズの船もあり、ご飯も最高でした。家にはスイス、ブラジル、ニューカレドニアの男の子が住んでいて、私は学校の仲の良い友達とバルコニー付きオウンバストイレの広い部屋に住んでいました。毎日みんなでワイワイご飯を食べたり、映画を見たり、週末は船でいろんな場所へ行ったり、ゴールドコーストを楽しむ最高の環境だったと思います。その家を出た後は週115ドルのシェアハウスに2ヶ月住みました。日本人の女の子4人と韓国人の男の子1人とオーナーの家で、オーナーが若い韓国人夫婦だったので、よくみんなで一緒に飲んだり韓国料理パーティしたり、とっても楽しいシェアハウスでした。

ゴールドコーストに住んで4ヶ月半経った頃、やりたかったガイドの仕事が見つからず、仕事面でとても悩みました。また学校を卒業した後めっきりと英語に触れる機会が少なくなり、自分の英語力に自信がなくなっていました。そして環境を変えたいなと迷っていた時に大学の仲の良い友達がセブ島での語学学校を終えてシドニーに引っ越してきたので一緒に住むことを決意し、6月にゴールドコーストを出てシドニーに引っ越しました。

シドニーでのシェアハウス探しはとても大変でした。ゴールドコーストに比べると、部屋の環境が悪い(2段ベットの4人部屋とか)のにレントは2倍くらいだったり、あまり貯金もなかったので安めのところを探すのは難しかったです。今は週160ドル2人部屋で、それぞれ違う国の人が10人住んでいるシェアハウスに住んでいます。シティからはバスで15分(Bondi Junction)ですが、徒歩圏内にスーパー、駅、ショッピングセンターが揃っているので便利です。 シドニーに越してきてすぐシティのバーで働き始めました。夜の仕事ですが、英語を話す機会がたくさんあるし、時給20ドル+チップ(2週間で200ドルくらい)で、一緒に働いてるスタッフも仲がいいので楽しいお仕事です。 ゴールドコーストシドニーと2つの都市に住んでみて、どちらの都市もそれぞれとても住みやすく、魅力がたくさんあります。いい意味で小さな都市であるゴールドコーストは、会う人みんなと友達になれるし綺麗なビーチや、自然がいっぱいある素晴らしい都市です。シドニーは建物のレトロさや、たくさんの人種の人が生き生きと生活している国際的な雰囲気がとても好きです。またいろんな人と出会うチャンスがあり、英語の勉強面、遊びの面でもとても充実しています。 オーストラリアに来て半年が経ちましたが、残りの半分は旅行や、やりたい仕事をゲットすること、英語力の更なるレベルアップに重点をおき、過ごしたいと思っています。

 

 ●留学して何か変わりましたか? 

まずは日本にいた時に自分がいかに恵まれた環境にいたかを知ることができました。住むところも食べるものもなに不自由なく生活していた大学生活は、家族からのサポートがあってこそのものだったのだと改めて気付きましまた。オーストラリアに来てからは家族の金銭面のサポートなしで生活してきましたが、ここに来なければお金の大切さや、節約、生活のやりくりの難しさを知ることができなかったと思います。また家族や友達がいかに大切で大きな存在であるかにも気付くことができました。
そして英語を学ぶことに対してのモチベーションがとても上がりました。東京にいた時は英語を話す機会があっても積極的に話そうとはしなかったけど、オーストラリアへ来ていろんな人と英語で話せば話すほど、こういう単語があったのか、とか、こういう返事の仕方があるのか、と学ぶことが増え、もっと英語を話す機会を作りたいと思うようになりました。そしていろんな人と話すことで、日本にいるときより自分の英語力にも自信がつきました。

 

 ●もし留学していなかったら、今頃どうしていたと思いますか?

大学生活最後の年ということもあり、就活や卒論に追われていたと思います。オーストラリアに来る前は自分のやりたいことがはっきりしていませんでした。あのまま就活をしていたらきっといろんなことに対して後悔をしていたと思います。