読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローカルとおしゃべりしよう!

今日からいよいよ10月ですね!
今年も残すところあと3か月。
早い~~~。
お花見の記憶がまだ鮮明なんですけど、、



さて、9月はまるまる1か月間、
オーストラリア出張で不在でした。


仕事の合間をぬって
ケアンズではテニスのプライベートレッスンの
予約をして、地元のコーチと特訓してました。



ケアンズは田舎なので、クラブのテニスコート
空いていれば誰でも使えるという仕組み。


テニスコート激戦区の都内に住む私にとっては
天国のような環境です。



今回、コーチからレッスンを受けて思ったのですが、
外国人に慣れていないローカルのコーチは
なかなか英語が通じない。



語学学校の先生はクリアに発音してくれるし
英語初心者の英語にも慣れているので
多少のおかしな英語でも聞き取ってくれます。



でも、外国人に慣れていない普通の人だと
なかなかそういうわけにもいきません。


アンドレという私のコーチも
最初は何度も聞き返してきて、
しかもテニスの専門用語が多くて
私も最初は「??」と思うことが多くて
お互いに理解するまで数日かかりました。


でも、慣れてくると
容赦なく早口で話してくるアンドレの英語に
耳がなれてきて、アンドレも私の英語に慣れてきました。


ネイティブの英語は最初はとても早く感じます。
語学学校の友達とおしゃべりするのとは
次元が違います。


学校生活だけでは、なかなかネイティブと触れる機会は
ありませんが、私のように何か他の趣味をもったりして、
ネイティブのいる場所へ行くことはすごくお薦めです。


趣味をもたなくても、ローカルはそのへんに
ゴロゴロいるわけですから
どんどん自分から話しかけることもできます。


例えば私は、テニスの時間に合わせて
いつも同じ時間に、同じ道を通っていたのですが、
朝の時間はいつも、同じ人が同じ時間にビーチを
歩いたり、犬の散歩をしたりしています。


お互いに「あ、またあの人だ」


と思っているはずです。


私は犬が大好きなのですが、
ある日、チワワを散歩している夫婦がいました。


チワワをじ~~っと見ていたら、
奥さんのほうが「グッドモーニング!」と
声をかけてくれました。


その翌日。またまたチワワ夫婦がいました。
また奥さんがにっこり笑って
「グッドモーニング」と言ってくれました。


ああいうところで、「旅行ですか?」とか、
「何日くらい滞在してるんですか?」とか、
そういう会話をどんどんして、
ネイティブの英語に慣れていくといいと思います。



また、私はテニスのレッスンを受けたあとは
他のコートでゲームをしている人達を眺めていました。



金網ごしに「じ~」っと見ていて
おじさんたちと目が合うと、必ずニコっと笑って
「一緒にやる?」と誘ってくれるんです!


これには感動しました。


下手なテニスに下手な英語。


正直、ドキドキしましたが、
思い切って参加してみると
めちゃくちゃ楽しかったです。



一度参加すると、また次は何曜日にやるからおいで、
と言われたり、別のテニスクラブでゲームをやってるから
くる?とか、おばさんたちも、
「レディースクラスがあるから来ない?」とか
とにかくたくさん誘ってくれます。


分からない単語があって私が「もう一度言ってくれる?」
と聞くと、ゆっくりと発音してくれます。



また、ある日は夕方にバーで友人とビリヤードをしていたら、
一人でビールを飲んでいたローカルのおじさんが声をかけてきて、
あーだこーだと、やり方を教えてくれました。




語学学校の生徒さんからよくされる相談が
「会話力を伸ばすにはどうしたらいいか」
ですが、答えは「とにかく会話すること」
これにつきます。



授業で会話のレッスンをもっとして欲しいなんて
そんな甘えたことを言わずに、
どんどん自分からネイティブの中に入っていけばいいんです。



ネイティブと話すのがまだ怖ければ
授業が終わった後にクラスメイトと
テーマを決めて、これについて会話する練習をしない?
と誘えばいいんです。



先生に「会話の練習に効果的なテキストを借りたいんだけど」
と言えば、喜んでコピーをくれますよ。


会話の練習は楽しいです。
一人でぶつぶつもいいですが、
相手がいないと長続きしません。


授業が終わったらまっすぐ帰って宿題するのもいいですが、
ぜひクラスメイトを誘って
その日に習った文法を使って
会話練習をしてみて下さい。