読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラウンズの格安キャンペーン終了まで残り1日。

1か月のオーストラリア出張から一昨日の夜に戻りました。
今回はブリスベンゴールドコースト
バイロンベイ、ケアンズの4都市を回ってきました。


その合間にテニスのコーチを受けたり、
大学の同級生が暮らす島に会いに行ったりと
休暇もかねていたので、あっという間の1か月でした。


現地ではたくさんのアクティブガールズに会いました。
私達のモットーは徹底した現地視察です。


授業にも出て、バスにもトラムにも乗って、
学生さんと同じ体験をするし、
カフェやショップに行ったりして
とにかく現地を肌で感じることが大事だと思っています。



「学校視察に実際に来てくれるエージェントは少ない」と
学校さんは嘆きますが、
さらに授業に参加するエージェントはほとんどいないそうです。



特に偉い人になると、授業参観みたいに
いろんなクラスをはしごして、
ちょこちょこと見てまわるだけ。



校長が同行していろいろなクラスの見学を
しましょう、と私もよく言われますが、
よほど時間がない限り、こういうのは断っています。


その代りに「最初からずっと授業に出させて下さい」と言います。


「桜井さんのレベルだと、このクラスは簡単すぎますよ」


みたいなことも言われますが、
そもそもそんな事を見ているわけではありません。


クラスの雰囲気、学生の雰囲気、先生の教え方、
そんな空気感を私は感じています。


そして学生と一緒になって
その時間はどんなレベルであろうと、
本気で授業に夢中になります。


ゲームをやれば、本気で勝ちにいきますし、
自分のチームが勝ったら、飛び上がって喜びます。



そうすると、「あ~、楽しかった」と
私が感じることが出来るし、その感情は
しっかりとカウンセリングで伝わります。


学生さんが学校をエンジョイしているかどうか。
それが一番大事なことです。

それってやはり、学生と一緒にいないと
分からないことだと思います。


今回、いくつかの学校で
私がいきなり教室にいたので
びっくりしたアクティブガールズも多かったです(笑


あれ??桜井さん??


みたいな感じで。


そりゃそうですよね。日本にいるはずの私が
いきなり教室にいるんですから。
こういうお客様の驚いた顔を見るのも好きです。



そして言われたのが

「本当に授業に出てるんですね」


ということ。
はい、出てますよ~


さらにもっと言われるのが

「本当にアクティブですよね、、」


はい。テニスにピラティスにジョギングに
自転車にウォーキング。

朝から夜までなんでもします。
誘われたら一通りやってみます。


気になるカフェ巡りにバー巡り。
一人でバーにも入って
ビールを飲んじゃいますよ。



オーストラリアの生ビールは
最高に美味しくて、街ごとにご当地ビールがあって
種類が豊富で、全種類を制覇したいくらいです。


知人とディナーしてホテルに送ってもらった後に
密かにまた部屋から出てきて
近所のバーにビールを飲みに行ってしまうくらい好きです。



特にビーチエリアは「ビーチホテル」という
開放的なバーがたくさんあって
海の音を聞きながら
ビールを飲めたりするので、
日本の居酒屋やバーに一人で入るのとは
ちょっとイメージが違います。



そして、ローカルの人たちは
住んでいる人しか分からない遊び方をたくさん知っています。



私たちも、普通に自転車に乗って買い物に行って、
ヨガやスポーツジムに行ったり、友人とお茶したり
好きなお店があったりと、観光客とは違う、
日常生活がありますよね。


こういう日常生活が実は一番楽しかったりします。




今回は友人から自転車を借りて
自由にビーチを走っていました。


砂浜をビーチで走る経験って
日本じゃまず出来ないし、そして友人の犬と
ビーチで遊ぶ経験もしました。

犬って人間が楽しそうにはしゃいでいると
つられて遊びます。


私が海にばしゃばしゃ入っていくと
犬も飛び跳ねて入ってくるし、
水しぶきを何かの物体と思い込んで
飛びついてきます。

大型犬は遊ぶほうにも体力がいります。。。



こんな少年の夏休みのような過ごし方も
リゾートのラグジュアリーな生活とは
全然違うけど、良い経験になりました。


おかげで真っ黒に日焼けしましたが
まあ、そのうち白くなると思うので
あまり気にしないことにしました。



ビーチではしゃぐ私の動画
http://urx3.nu/yGen





追伸:

最新の設備とバリスタコースで人気の
ブラウンズ。

ブリスベンゴールドコーストにキャンパスがあります。


キャンペーンが明日、9月30日で終了します。
10月1日以降は週単位の授業料が
ワーホリで17週行かれる方だと
週40ドルも値上がりします。


ブランズの入学を検討している方は
お申し込みだけでも間に合わせて下さい。