あなたはあなたが聞く言葉で出来ている

先日のメルマガでゴールドコースト渡航するAさんの
出発前の心境を掲載しました。


そこに前職で知り合ったお母さんくらいの年齢のおばさまに
留学に行こうかどうか悩んでいたら、
手紙を貰った、という話を書きました。


この手紙の中で、おばさまは
「あなたなら出来るわよ!」
と、励ましてくれていましたね。



これでぜひ伝えたい話があります。


「自己暗示」です。


私のセミナーに来た人は、
この話を聞いたことがあるかもしれません。


自己暗示とは別に催眠とか怪しい話ではなく、
「あなたがいつも聞いている言葉」によって
あなたの思考やセルフイメージが変わってくるということです。


一番よくあるのが、


「どうせあんたは無理よ」
「どうせ出来ないわよ」
「そう簡単に出来るはずないだろ」


こんなセリフ。
親、上司、彼氏、友達。



できない、できない、できない
無理、無理、無理
どうせ、どうせ、どうせ。




こんな風にあなたに言葉を浴びせる人々。
そして一番怖いのが、この言葉を聞くことで
あなたが自己暗示にかかります。


「どうせ私はできないんだ」
「やっぱり無理だ」


潜在能力がちゃんとあるのに、
自分には無理だと、思い込みます。



こんな自己暗示にかかる環境は
本当は早く逃げたほうがいい。

その代わりに全く異なる言葉をかけてくれる人もいます。



「あなたなら出来るわよ」
「凄い!楽しそう!」
「やってみたらいいと思うよ」
「大丈夫。上手くいきますよ」


こんな言葉をかけてくれる人達もいます。
これも自己暗示。


私なら出来る。
私なら大丈夫
そうだそうだ。楽しそう


こんなセルフイメージが出来上がります。
どうせなら、良い自己暗示にかかって下さい。
良い言葉を浴びて下さい。



良い言葉を発する人達は、良いエネルギーを持っているし、
ひょっとしたら言葉の力を知っているかもしれません。


そういえば、私も大昔に会社を辞める時、
私をかわいがってくれていた
年上の社員さんから手紙をもらったことがありました。


彼女は男の子を二人育てる40代後半くらいの
シングルマザー、私は新卒で1年目。


手紙には、やはり「桜井さんなら出来る」「若いうちは
なんでもトライして」「未来のあるあなたは輝いて見えます」
みたいなことが書いてありました。


そんなことを思ってくれてたんだ、、と
驚いたのを覚えています。


いつも物憂げにタバコをふかしていた人でした。
心の優しい人なんだな、と思いました。


上司に反発しまくる私の若さを
楽しそうに見ていました。



自分が耳にしている言葉。
少しだけ、気にしてみて下さい。


そして、自分が一番耳にするのは
自分が発する言葉ですよ。