来年度料金が値上がりします。今年と同じ料金は残り2日

語学学校の年内料金の締め切りが
続々と発表されています。


一番早いのはラングポーツで
8月末まで。


多くの学校は来年度は値上がりするので
渡航が来年でも指定の期間内に申し込みをすれば
今年の料金が適用されるという条件です。


一番激しい値上がりはバイロンベイ。
なんと1週間単位の料金が55ドルも一気に値上がりします。


ワーホリは4か月まで学校へ行けますが、
4か月で7万円以上も差が出ます。


7万円好きに使える現金が手元に残ったら
かなり嬉しいですよね。



バイロンの学校の年内料金適用の
申し込み期限は【10月31日迄】です。
これを超えると7万円高くなりますので
ご注意下さい。

来年の渡航で、バイロンベイを予定している方は
チャンスですよ。




ラングポーツは【8月31日迄】です。



さらに今は円高。
1ドルが70円代です。


去年の今頃は1ドル94円。
おととしは1ドル100円でした。


それを考えると、ドルがとても安くなっていて
留学するには追い風です。


もろもろ安くなっている今のこのチャンスを
お見逃しなく。






そういえば、先日うちのスタッフたちと
話をしていて気が付いたことをシェアします。

それはカウンセリングを受けた方の感想です。


1時間の面談で留学プランを一緒に作成していくのですが
いつも最後に言われるのが、


「他の代理店は、こんなに色んなことを
聞いてくれなかった」

「こんなに細かい話をしてくれなかった」


というコメントです。


大抵は、「ここがいいんじゃないですか~?」
という感じで、さらっと簡単に提案されるそうです。


でも、ロンドンみたいな街と、
ハワイみたいなビーチは全然違います。


カウンセラーが勝手に、「シドニーは都会で便利ですよ」
と言ったとしても、都会生活に疲れて
ビーチで癒されたい人もいるわけです。
そういう事情を何も聞いてくれない。



シドニーもビーチありますよ、とか
強引に何がなんでもシドニーにもっていこうとする人もいます。


完全に相手の事情ですよね。現地オフィスがあるからとか。
同業者として残念でなりません。



他社のカウンセラーを集めて
カウンセリング講習でもしたいくらいです。



ほとんどの人は売込みばかりして、
お客様の事情を全く無視しているはずです。



例えば靴とか洋服とか、なんでも同じですが、
自分に合っていないものを
いくら「人気です」と言われても、
全然興味ないですよね?


私はテニスシューズを買いますが、
絶対にABCマートでは買いません。

ABCマートにもテニスシューズはおいてますが、
店員さんの知識がゼロです。

「このサイズありますか?」

と聞いて持ってきてくれて、ためし履きするのを
じっと待っているだけです。


でも、専門店に行ってベテランの店員さんだと、
他にどんな種類を持ってますか?とか、
普段はどれくらい練習してますか?とか
足のどこが痛くなりますか?とか
今の自分の状況をひとまず確認してくれます。



それで、全ての話を踏まえて、
こういうものがありますが
いかがでしょう、と提案してもらって、
初めてそれに興味がわくわけです。



それで、今年のモデルだとか、かかとの作りがこうだから
走り出しが全然違いますよ、とか、
幅が広いから足が痛くなりませんよ、といった
スペックの話を「へ~~」と楽しく
聞けるわけです。



もちろん、この時に販売員の知識の量も
大事なことです。


商品のことをさっぱり知らない、なんて
問題外です。


提案力と知識。



これが販売のプロと言われる人の違いです。
これはカウンセリングでも同じ。


他の代理店さんをはしごして、
色々話を聞いたけど、どうもしっくりこない。
アクティブウーマンに相談したい、
という方がとても多いです。

ご紹介も多いです。

だって私たち、「専門店」ですから。


「あ~、決まって良かった。すっきりしました」


こう言って最後に笑顔になって頂くのが
一番嬉しい瞬間です。