読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSの投稿なんてウンザリ

今日はパースへ留学されたお客様の
現地からの近況をシェアします。



自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどを 
なんでもご記入下さい! 


学生ビザで24週間、学校に通いながらオーペア・デミペアをしていました。
現地で働きながら学校へ通うという予定でいたのですが
知人の紹介でオーペア・デミペアの存在を知り、
日本では経験でき無いことをやってみようという気持ちから始めてみました。



直にオージーファミリーに触れ、
文化を体験できたことは驚きの連続でしたが、
いつでも帰って来れるお家ができた感覚でやってみてよかったです。



学校は長年やっているだけあって
雰囲気もよくしっかり管理されているのがわかります。


街はとてもコンパクトでゆっくりしていてイメージ通りでした。
逆にもっと交通が不便とさえ思ったのですがそこまで田舎じゃなかったです。笑
バイトをしていなかったので物価は高く感じましたが
慣れてしまえばこんなもんといった感じでした。
バイトをしていれば収入に合っているのかもと想います。



●留学して何か変わりましたか? 

「何を仕事にして生きていきたいか」は未だわからない状態ですが、
ここでの生活で自分の考えや好きなことがもっとクリアになりました。


良くも悪くも日本は選択肢がありすぎるし、
オーストラリアは多く無い。だからこそシンプルに生きられるなぁと。


英語の伸びなさに落ち込んだとき、
ただボーッとしてたら本当に心が空っぽになったのを感じました。
この空っぽ感がすごく清々しかったです。
これを感じる為にここに来たのかと思いました。



●もし留学していなかったら、今頃どうしていたと思いますか? 

人と比べない・嫉妬しない。
理解してる事でも行動がそうしてる状態が続いてたと想います。


身に付けている物や誰と
どこへ行ってきたなどのSNSアップのコンペティションは今やうんざりです。笑





>この空っぽ感がすごく清々しかったです。


この表現、凄く好きです。
ぼーっとできる環境って
日本ってありそうでないかな、と思います。

思考を妨げるものがたくさんある。


空っぽになることって大事です。
空っぽなほうが次に何をするべきかを
ひらめきやすいです。


わざわざ瞑想なんてしなくても、
この空っぽ感を感じることができるなんて
素晴らしいと思います。


心が穏やかになった証拠です。



>身に付けている物や誰と
どこへ行ってきたなどのSNSアップのコンペティションは今やうんざりです。笑



あ~、これも分かります。

誰かが充実して楽しそうなのを見ると、
やっぱり「いいなあ」と自分と比較してしまいますよね。


でも、本当に充実している人って
そういったSNSに、そもそも自分がどこへ行ったとか、
何を食べたとかを見せびらかせて投稿しないと思います。



気持ちは分かりますが、あれって結局

「見て見て!私ってこんなに充実してるのー!」

という、自己顕示欲だったりしますから。




情報交換の場として活用するには
とても良いツールだと思っています。


自分が何かをしてとても良かったら
みんなとシェアしたい、共有したい、紹介したい。
そんな目的として使いたいものです。


いいね!の数はあなたが本当に頼れる
友達の数ではありません。


直接会って、笑って、一緒にご飯を食べる。
そんな交友関係をたくさん作っていきたいです。


留学生活や、オーストラリアのシンプルライフって
多分、それが出来る場所です。