読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーリンはオーストラリア人~その2~願った通りの結

昨日は誤ってケンブリッジ検定の記事を
配信してしまいました。
ごめんなさい。

恋愛編の後に配信しようと思っていましたが
ケンブリッジの体験談もぜひ読んでみて下さいね!




今週は恋愛ウィーク。

留学先で出会った男性と恋に落ちた女性たちの
留学Bサイドストーリーを特集しています。


昨日は、オーストラリア人のダーリンと結婚した
なおこさんの出会いを書きました。
インターネットでの出会いに不安を頂きつつも、
彼との交流を始めたなおこさん。


今日はその続きです。



↓ここから。



確かにこちらでは要は「出会い系」的なサイトのCMも
テレビでよく流れていますし、ローカルの友達も
インターネットでの出会いは普通だと言っていました。


ま、もちろんいろんな目的の人がいると思いますので
一概に良い事だらけとは言えませんが。


これはインターネットに限らず
どこで出会っても同じだと思います。



話はずれましたが、
彼と出会って10か月目の33歳の時の3月3日、
彼のご両親が旅行で家を留守にするので
両親の家に泊まって犬の面倒を見て欲しいと頼まれ
二人で泊まりに行ったのですが
その時にプロポーズをしてくれました。


その日旦那さん(当時は彼氏)のご両親から
うちらが飲むように用意してくれたワインの一つに
MOMOというニュージーランド産の白ワインがありました。

3月3日はももの節句。何とも偶然です。


そして同年の8月8日に正式に結婚しましたので
33歳で結婚という目標は達成されました(笑)


結婚して4年、今のところ大きなトラブルもなく
平和で穏やかな日々を過ごしています。


日本では土にすら触る事のなかった私が
今では家庭菜園が趣味となり自然を感じながら
オーストラリアらしい生活を送っています。


ちなみに最近こちらで半年間の英語のコースに
通っています。留学生料金だと$4700ですが
永住権保持者には政府から補助が出るので
なんと$100で受けられます。


過去に勉強した文法もまた習う事で整理ができ
昔の自分と比べてあの頃よりは英語できるようになったかな
と優越感に浸ってみたり、もしくは改めて勉強が必要なエリアを
再発見したりと自分なりに楽しんで受講しています。


以上、大まかですがこれが私のストーリーです。



仮に留学せず日本にいても婚活はしていたでしょうが
間違いなく言えるのは日本にいたら今のパートナーには
出会っていなかった、という事。



あの時に留学したからこそ
パートナーに出会って今の私がいる。


私の周りにいる友達でも留学中に出会って
そのまま結婚した友達が何人もいます。


異性に限らず、留学がもたらす出会いは
大きいものだと思います。


日本で婚活を頑張ってる女性の皆さん
海外で留学ついでに婚活はいかがでしょうか(笑)


もし外国人の彼氏が欲しいのであれば
日本にいて外国人男子を探すよりも
日本人女子が少ない海外の方が
市場的に割がよいかと思われます。


いろんな国の人とデートしたという経験も
今となっては貴重な(笑)よい思い出です。


アクティブガールズの皆さん
自分を大切にしてアクティブに行動すれば
ポジティブな出会いが待っていますよ。


アクティブウーマンさんで
留学した事は私の人生の財産です。



櫻井さん、
これからも日本女子を世界に羽ばたかせる素敵なお仕事
頑張って下さい。


なおこ




↑ここまで。


「市場的に割がよい」とは
なんともナオコさんらしい発言で笑えました。

サクサクと早いサイクルで
次々に出会いをアレンジしていく
なおこさんのつかんだ勝利だと思います。


量は質に転換する、という法則もあります。
数をこなしたからこそ、成功に転じるケースです。


彼女の3にこだわる意志力は凄いものがあります。
なんでもそうですが、物事は2度起こります。

一度は心の中で。
つぎは現実で。


心の中で完結したことは現実になります。
1ミリの疑いもないくらいで
自分でそうなると信じることです。

なおこさんは「決める力と信じる力」がある人だと思います。
これって大事です。