パートナーとの出会い方

今日はパートナーとの出会いについてお話します。


2005年の創業以来、ずっと女性専門の留学手配をしていると、
現地でパートナーを見つけて結婚したり、
留学生同士で付き合うようになって、
別の国へお嫁にいくケースもたくさんあります。


日本を発つときは、彼氏もいない、仕事も辞めた、
もう「何もない」という状態で出発する女性がほとんどです。


人によっては、「もう一生独身でいい」と
覚悟を決めて出発する人もいると思います。



でも、そんなフリーな状態だからこそ
たくさんの出会いに恵まれるはずです。



海外ではなぜ出会いが多いのでしょう?



海外生活では多くの同じ価値観の人とも出会います。
だって、みんな同じ目的で来ているからです。



海外って面白そう
英語を話せるようになりたい



自分が好きで選んできた場所です。
そこで出会った人は自分と同じ価値観です。


なので、海外で出会う日本人も
日本で出会う日本人とは全く種類が異なります。



ある日本人男性はイギリスの大学院でMBAを取得しました。
今は3人の子供のパパですが、
奥さんとはそのMBAクラスで知り合ったそうです。

奥さんも同じコースに留学していました。


家では二人ともテレビはBBCとCNNしか見ないし、
二人で話をするのは
いつもビジネスの話だそうです。



はたから見るとヘンな夫婦かもしれませんが
彼ら二人からすると、同じ価値観なのでそれが普通で
だからこそ、うまくいっているそうです。



同じ目的の、MBAというコースで知り合ったわけですから
そこへお金と時間をかけたという
二人の価値観は合致していて、うまくいくのも当然です。



海外へ留学すると、たくさんのカップルが誕生します。
語学学校で知り合う人もいるし、
ローカルの男性と知り合う人もいる。



語学学校での出会いだって、「同じ価値観で来ている同士」
なので、恋愛になりやすい。



彼も、「英語を上達させたい、海外で暮らしたい」
という目的をもってきているわけです。


結婚した後だって、二人とも海外で暮らした経験があるわけですから
価値観がとても似ています。



留学っていいよね、英語って大事だよね、という
同じ価値観を共有しているし、
たくさんの人に助けられたという「海外生活の厳しさ」
みたいなものも共有しています。




ローカルの人も、オーストラリア人は
自分の好きな町を選んで住んでいる人が多いです。


日本みたいに「本当はこんな仕事好きじゃない」
「本当はこんな田舎は嫌い」という感じで
嫌いだけど動けない、という理由で住んでいる人は少ないです。



オーストラリア人は国民の幸せ度が世界1位の国です。
ビーチで出会う男性は「ビーチが好き」だし、
都会で出会う男性は「刺激のあるこの街が好き」と言います。

この町はユニークだよ、と
みんなが自分の街自慢を始めます。



もしあなたがビーチが好きで、
ケアンズとかバイロンベイとかを選んで
そこで誰かと知り合えば
二人とも「ビーチが好き、自然が好き」
だからここにいるわけです。



だからやはり価値観があいます。



もしあなたが今、「こんな街、嫌い」
「こんな仕事、嫌い」「こんな自分が大嫌い」
という状態で、その環境で誰かと知り合ったら
どうでしょうか。


そんな状態を共有している人達と知り合っても
傷のなめあいで、愚痴の言いあいみたいな
「負の共有」をしてしまいます。



「私、自分のこと嫌い。この会社もむかつく」
「私も~」

みたいな会話はなんの生産性も向上もありません。


だったら環境を変えて下さい。


パートナーの作り方。
簡単ですよ。


あなたが好きな場所で、好きなことをしていればいいんですよ。
そこで出会う人は、あなたと同じ気持ちでそこにいるわけですから。



無理に自分を飾る必要も、背伸びすることもありません。
あの子のほうが美人だからとか、
私は地味だからとか、つまらないから、とか。


そんな比較も意味がありません。
そんな疲れる競争はやめて下さい。


ありのままのあなたでいられる場所。

そこでの出会いが、ありのままのあなたを
受け入れてくれる人との出会いの場所です。



自分を好きになれる場所。
その選択肢の一つとして、オーストラリアへ行ってみて下さい。


英語を話すあなた。
必死に新しい環境で頑張るあなた。
友達を助けるあなた。
友達に感謝するあなた。


日本では発見できなかった
たくさんの新しい自分を好きになれますよ。


そんなあなたと引き寄せあう人は
必ず現れますから。


日本でもんもんとしていても始まらない。
海を越えて、どんどん居場所をかえましょう。