今なにもしない人が、1年後に変わることはありません。

今日はメルボルンに在住している
アクティブガールズの先輩、ユカさんから頂いた
メールを紹介します。


ゆかさんは、とっても面倒見が良くて
現地に来た日本人のために
フェイスブックのサイトを立ち上げてくれて
あれこれと面倒を見てくれます。


海外で暮らすと、日本人同士のコミュニティは
とても重要です。


語学学校で英語を習っているうちは
日本人を避ける人は多いですが、
「暮らす」となると、そんなことは言ってられません。
とにかく助け合いが必要です。


しかもゆかさんは、つい先日、
ついに就労ビザを取得されました!
これで永住権へも一歩近づきました。

まずはメールを読んで下さい。



===========

アクティブウーマン 桜井さま みなさま
 
 
お世話になっております、斎藤ゆかです。
昨年と一昨年、メルボルンのImpactへ、
学生ビザとワーホリビザの手配をしていただきました。


その節は、みなさまのきめ細かいサービスで、
出発までのすべてをサポートしていただき、
安心して出発することができました。


本当に感謝しております。
改めまして、ありがとうございました。
 
 

昨年の1月にメルボルンに来てから、
かれこれ1年半程経ちました。
長いようで、本当に短い、
というのが正直な感想です。


でも、日本にいた時の早さとは、
比較にならないくらいに中身が濃縮されており、
毎日朝目覚めるのが、楽しみでしかたありません。


疲れている時や、二日酔いの時(笑)は、
朝会社へ行くのが非常に億劫ですが、
日本にいた時と決定的に違うところは、
会社へ行くのが楽しみのひとつだ、ということです。
 


わたしが勤めている会社はメルボルンに本社があるソフトウェア会社で、
USとUK、あとは日本にも支社があるグローバル企業です。


わたしはこちらで、主に日本支社向けに製品や
マーケティング素材の翻訳をしています。


本社の従業員は40名程度と非常にアットホームで、
何よりみんな非常に優しいです。

日本人はわたしだけのうえ、
同僚はほぼ全員がオージー。



オーストラリアネイティブの
英語についていくのは、今でも非常に苦労していますが、
この環境こそが、わたしがずっと求めていたものであり、
事実わたしの英語力を押し上げてくれた場所のひとつなので、
みんなにはいつも非常に感謝しています。

 
そして、先日ようやくずっと待っていた
(半年も!)就労ビザが認可されました!


これで、あと4年はこちらにいれますし、
2年後には永住権を申請することも夢ではなくなりました!!



会社担当の移民弁護士から連絡がきた時に、
オフィスで就業中だったのですが、
驚きと喜びでよく分からなくなり、
泣きながら会社の担当者とハグをしていたので、
周りの同僚たちをずいぶんと驚かせてしまったようです(笑)



申請手続を開始してから、
長く待っていた分、本当に嬉しかったです。
スポンサーを出してくれた会社には、
本当に感謝しています。
 
 
 
わたしは今でも、
桜井さんにカウンセリングをしていただいた時のことをよく覚えています。


当時は、渡豪を決めたものの、不安だらけで調べものばかりを進め、
頭でっかちになっていたわたしに、
「もう、今日ここで申し込みましょう」、と背中を押してくださいました。



あの時は、留学エージェントのよくない話も耳にしていたので、失礼ながら、
もしかしたら、これは詐欺かも、、、と思ったものですが(笑)、


あの瞬間が無ければ、今のわたしはここにはいないし、
今後もメルボルンに居続けることはなかったでしょう。


本当に、本当にありがとうございました。


正直なところ、あの時の
不安だらけなわたしの心を
見透かしたようなお言葉の数々で、
カウンセリングが終わったあと、
なんだか妙に気分が晴れたことを覚えています。



桜井さんがメルマガでよくおっしゃっていますが、
必要な出会いは、必要な時にやってくる、とはまさにこのことなんだな、と。
 

 
こちらに来てからは、いいことばかりではなく、
正直つらい時期がかなり長く続いていました。


元々、人とのコミュニケーションがあまり得意ではなく、
それを直したくてこちらに来たのに、
うまくいかない、勇気の出ない自分に、
自己嫌悪することも度々ありました。



その間は、周りとのコミュニケーションを意図的に断ったり、どうせ自分なんか、と
日本にいた時のように落ち込み、自分を責めることも多かったです。


でも、こんなんじゃダメだ、と気付かせてくれる出来事や、
わたしがどんな状態の時も、見捨てず支えてくれる友達、
そして何よりも、自分自身がもう一度挑戦したい、と思えるようになったので、
それからは、また非常に充実した時間を過ごしています。
 


 
今年に入ってからは、Facebookにこんなグループを作成しました。
こちらです↓


https://www.facebook.com/groups/466713326872071/
 

 
主にメルボルンにいる日本人のコミュニティです。
外国にいる日本人同士、
いろんな情報を交換して
お互いに助け合いましょう、というコンセプトです。


主にメルボルンにいる人、これから来る人、
来ようと思っている人(日本人)を個人的に助けています。


わたしは、自分のために、
すべてを自分でやろうと決めてこちらに来たので、
よっぽどのことが無い限り、
どんな困難も自分で乗り越えてきましたが、
すべての人が同じようにできないことも分かっていますし、
それが原因で限られた時間を
楽しめないのはもったいないと思います。




わたしが、ボランティアで個人的にやっているので、
できる範囲には限りがありますが、
それでも、このグループを通して、
いろんな出会いがあるので、
わたしは非常に楽しいです!!



先日は、J1でもプレーしていた、
プロサッカー選手に会いましたよ!
そして、おもしろいことに、
一人出会うと、それがどんどんつながるのです!
 


わたしができないことは、
グループ内の他の方にご協力いただいてます。


将来的には、伝言ネットや、
GoGoメルボルンみたいになったらいいかな、と。

 

知らない土地に一人で行く不安を抱えるよりは、
世話焼きの日本人のおばさんが待っている、
と思った方が、気持ちも楽でしょう(笑)


実際そうやって、到着する前に連絡をくれて、
こちらに来てからも仲良くしている子達がたくさんいます。


到着初日には、わたしがシティを案内して、
お茶かごはんをごちそうしています。


グループへの投稿ももちろんですが、
わたしに直接メッセージをいただければ、必ず返信します。
寂しくなってきたから
誰かと日本語で話したい!、という時に最適かと(笑)
 


人付き合いが苦手なくせに、
いつも誰かを助けたい、誰かの力になりたい、
という気持ちが強すぎて、こんなことを始めてみましたが、
実は、逆にわたしがみなさんから元気をもらっているので、
今後も少しずつ、続けて行こうと思っています。

なにより、いろんな人に会えるのが、すごく楽しいです!!
 

 
いつか桜井さんがメルマガでおっしゃっていた、
「私達はいつでも皆さんのサポーターですよ!」
という言葉が非常にこころに沁みました。



いまでも毎日メールを拝見しておりますが、
本当にわたしの状況を見ているのか、
と思うくらいに、その時々に
欲しい言葉がたくさん溢れていて、
毎回勇気づけられます。



 
人生にはバランスがある、
ということを、以前のメルマガでおっしゃっていましたね。


わたしは、今では本当にその意味が分かるような気がします。
つらい時期が本当に長くて、逃げ出してしまいそうでしたが、
いまは、それがすべて逆に向き始めたので、毎日が本当に充実しています。


この先の人生を、
ずっと一緒にいられたら素敵だな、
と思える人にも出逢えました。(フランス人ですよ!笑)
いまは、いいことばかりなので、この先がちょっと怖いですが、
それも次の試練への準備期間だと思って、
ゆっくり、のんびりやることにしました。



すべては、アクティブウーマンさんから始まっています。
本当に、本当に、ありがとうございました。
 
 

長くなりまして、すみません。
ですが、まだまだ語り尽くせません(笑)


わたしはいつでもこちらにおりますので、メルボルンにお越しの際は、
みなさま、ぜひまたお話をさせてください。


============

ここまで。



ゆかさんがカウンセリングに来た時のことは
私も覚えています。
真面目で慎重過ぎて。


調べ過ぎて、何が本当かが分からなくなっている。
誰を信じたらいいのかも分からない。
動きたいのに、頭で考えすぎて動けない。



そんな自分にジレンマを感じているのも分かりました。
日本で生きていくのは大変だろうな、とも思いました。

個性的で繊細な彼女だと、日本にいたら
潰されてしまったかもしれません。



メルボルンが彼女に会う街だというのも
すぐに分かりました。


ああいう町のほうが、自分の個性を殺さないで
生き生きと暮らせる。
周りが認めてくれる。


彼女の本来の良さを生かしてくれる街です。


だから、私を信じて渡航してくれて嬉しいです
でも、私と出会ったのも必然です。
たくさんの代理店から
アクティブウーマンを見つけたの必然です。


ゆかさんは自分の居場所をちゃんと見つけました。
あの時に動いたからこそ、1年半後がちゃんと変わりました。


未来は偶然何かが起こることはありません。
常に今あなたが何かをした結果です。



今なにもしない人が、半年後、1年後に変わることもありません。