読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「そんなの無理だよ」と言われたら、チャンスです。

他人が「そんなの無理だよ」「できっこないよ」
「どう考えても非現実的だよ」
と言ったら、それはチャンスです。


みんながやらないことは、ライバルが少ない。
ということは成功する確率が高いってことです。


私は女性専門の留学代理店です。
私の成功の秘訣は「誰にも相談しなかったこと」です。


もし、誰かに相談したら、

「女性専門の留学??そんなの聞いたことないよ」
「男性客が来たら断るってこと?もったいないよ」


と、「非常識」のレッテルを貼られていたでしょう。
今でも非常識ですが、おかげでライバルは市場にいません。


私は非常識が大好きです。
人のいない場所ばかりを探します。
人がダメだと言ったら、それをやります。


だって非常識なことはライバルが少ない。
人が手を出したがらないことは、やれば結果が出やすい。



留学だって同じ。
会社に「留学するからやめる」と言ったら
「そんな夢みたいなこと言って」
と笑われるかもしれません。


1年いったくらいで英語なんかできる訳ない。
誰かがそういうからみんながやらない。


だから1年住んでいたくらいの人の英語力が日本で目立つ。
だって、みんな行かないから。

ゼロのままの集団に、1や2になった人が戻ってきたら
それは目立ちます。


英語の仕事は溢れています。
たくさんの転職の選択肢ができます。


そして「1年いったくらいで英語なんてできる訳ない」
という人で、実際に1年留学していた人はまずいません。


反対意見をいう人は、たいていは「未経験者」です。
憶測で物事を判断しています。




また、今の環境を嘆いているだけで
有利な場所へ自分が動かないという人もいます。



不景気だから。
トシだから。
会社の理解がないから。


今いる場所の環境が変わるのを待っていても
おそらくそれは一生無理だと思います。


だったら、不景気じゃない国、
年齢が気にならない国、
会社の理解がある国に行けばいい。


そんな条件のいい選択肢があるなら
自分が動くという発想をしてみたらどうでしょう。



「地球をもっと有効に使いましょう」


と、どこかで読みました。

小さな島国にとどまっていないで、
満員電車で心を殺していないで、
自分が動くことをもっと真剣に考えましょう。


地球は広い。
もっともっと見るべき景色はたくさんありますよ。



自分の居場所は与えられたものではなく
自分が選ぶべきです。


18歳すぎたら、自分の居場所は自分の責任。


親や世間の目を気にするのではなく、自分の頭で考えて
自分で責任を持ちましょう。


そうすれば、自分の意見をもっと持つことができます。


誰かに考えてもらって、決めてもらっては、
いい大人になっても自分の意見をもつことができません。
考えたこと、決めたことがないからです。
ということは、いつまでも自信もつきません。


なんでも自分で選んだことをやれば、
何がやりたくて、何がやりたくないのかも
分かってきますよ。


そして、正しいことを選んでいれば、
それをサポートしてくれる助けも必ず現れます。