読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんな世代でも、女性は輝いていいんです。

7月の4都市遠征をするセミナーの申し込み状況です。

名古屋 18
兵庫 25
岡山 8
博多 7


博多が最初は2人しかいなかったので
ドキドキしましたが、なんとか7名集まって良かったです。
まだまだ募集していますよ!


また、遅れて行くけど大丈夫ですか?という
ご質問も頂きますが、全然大丈夫ですよ。
お仕事帰りにぜひお立ち寄りください。
夜の部は20:30まで予定しています。



昨日のメルマガで留学会社社長とばったり会った
話を書きました。彼は私と同じ40代ですが
カフェ経営を始めた理由が

「50歳になった時に、留学の仕事をやっていたくない」

というのが理由でした。
なんか、それを聞いてちょっと驚きました。


「だって、いい年したおじさんに”留学いきましょう~”
とか言われても、嫌じゃないですか」

だって。


う~ん、おそらく男性と女性の違いかもしれませんが、
私は50歳とか60歳になっても
留学の仕事をやっていたいし、
カウンセリングもセミナーもやりたいです。


うちはお客様が全員女性なので、女性同士だからかもしれませんが、
年上の経験豊かな人に背中を押されると、なんだか安心するものが
あるのも事実だと思うんですよね。


例えばデビ夫人がカウンセラーだとしたら


「あーたね、まだ30歳なんでしょ??
若いうちにお好きなことをなさったほうがいいわよ」


とか、叱咤激励してくれそうだし、
叶姉妹の恭子お姉さまも50代だと思いますが、
あんな人がカウンセラーだったら


「皆さん、まじめに考えすぎです。英語は恋愛を通して学ぶもの。
素敵なメンズと出会いましょう」


とか(?)


大人なりの価値観を教えてくれると思います。
20代の女性たちは水槽の魚のようなもの。

自分を取り囲む環境が全てで、他の世界を知りません。
圧倒的に失敗の数も、経験の数も少ないです。


でも、デビ夫人とか叶姉妹みたいな、
インド洋とか大西洋とかにしか生息しない魚みたいなのが

「海は広いな、大きな~、おほほ~」

と、自由に泳いでいるのを見ると、きっと影響を受けると思います。
自分も一歩を踏み出してみようかな、と。



日曜日にパーティーに呼ばれたのですが、
その趣旨が偶然にも「ビッグ50」というパーティーでした。


50歳という人生の節目、半世紀を迎えた人を
お祝いする誕生会です。

オーストラリアではこれを「BIG50」といって
人によっては船を貸し切ったりして盛大にお祝いするそうです。
そして、基本的に主催は本人です。

日曜日はこのビッグ50を迎えた3名のお祝いに
60名近い人が集まりました。
全員、オーストラリア関連の仕事をしている人達です。


女性2人、男性1人が主賓でしたが、
この3人の50歳がとにかく若い、そして美しい。
ノースリーブのドレスをきて、
高いヒールをはいて。小麦色に日焼けして。


なんだか自由に生きている感が出ていて。
オーストラリアと日本をいったり来たりしているせいも
あるかもしれません。



50歳ってこんなんだったっけ?という感じです。
50歳という数字だけ見ると、なんだか随分おばさん、
おじさんなイメージですが、50歳だからこそ
重ねた人生が顔にも出てくるのだと思います。


若いうちは全員若い。
でも、だんだんと30代、40代で
若さの差は「生き方の差」として出てきます。



彼らのようなロールっモデルをみて、ますます自信がつきました。
50歳なんて全然若いじゃん!って。


そういえば、丁度その日に50代の女性が名古屋からカウンセリングに
お越しになりました。


カウンセリングのためだけにわざわざ東京へいらして、
その日にお帰りになるといいます。


応援ブックを取り寄せて下さったそうですが、
それを見たら全国から女性たちがカウンセリングに
来ているので、「自分も負けていられない」
と思われたそうです。


素晴らしいです。

カウンセリングを受けるために
大分から日帰りで弾丸カウンセリングにきてくれた
Sさんを思い出しました。

帰り道は本当に留学に行けるんだ!という興奮と感動で
鳥肌が立った、と書いて下さいました。


私達がしていることは人生を変えるドラマの脚本づくりのお手伝いです。
オーストラリアという舞台を選んだ皆さんに、
次はここへ行きましょう、と次のチャプターの場所を教えてあげます。

そこから先のストーリーはまた自分で紡いで下さい。
主人公はあなたですから。


ということで、10代から50代まで
本当に幅の広い女性たちが集まるのがアクティブウーマンです。



集まる皆さんもアクティブウーマンですよね。
どんな世代でも、女性は輝いていいんです。


留学という共通の目標に向かって
みんなが助け合うのも素晴らしいと思います。