好きな場所って、どうやって決まる?

昨夜はキックオフセミナーでした。


夜8時過ぎに、外出先からオフィスに戻ったら
ビルの入り口に女の子たちがたむろしていました。

「あ、うちのお客さんたちだな」

と思ったら、やっぱりそうでした。


セミナーが終わっても、
みんな分かれ惜しくて、毎回ビルの入り口で
ワイワイと30分くらいは盛り上がっています。


せっかくなので記念写真をみんなでとりました。
http://ameblo.jp/activewoman/entry-12176123587.html


これだけたくさんの女の子たちが
外にたむろしてると、さすがに目立ちます。

なんの集まりだろう~~??って、周りの人は
思っていると思います(笑


キックオフのお客様たちと会うと癒されます。
みんな「アクティブウーマン所属」みたいな仲間意識があって
すっごく仲良くなるんです。


私にとっては、お客様というよりは
「女の子たち」なので、みんなホントに可愛いいです。


オーストラリアでたくさんの出会いと
経験をしてきて欲しいと、心から思います。




さて、今日からいよいよ7月ですね!
気温もだいぶ上がるみたいです。
私は7月生まれのせいか、夏が大好きです。


暑いのも大好きですが、テニスを始めてからは
あんまり晴れると困っちゃうなあ、と思うようになりました。


気温が30度以上あると、コートが本当に暑い。。
具合が悪くなる人も出てきたりします。
水を1日に4リットルくらい飲みます。
夏のテニスは曇っているくらいがちょうどいいです。



話はかわって先日、留学関係の友人とミーティングをしていて、
ウェブサイトにどんなコンテンツを乗せると面白いか、
という話で盛り上がりました。


「死ぬまで行きたい観光スポット10選」とか
「行列ができるカフェ10選」とか。
「お薦めビーチ10選」とか。


カウンセラーの独断でもいいし、
現地学校スタッフのおすすめでもいいし、
そんなコンテンツを考えてワイワイと盛り上がっていました。



私もオーストラリアで好きな場所はいくつかありますが、
これって、「そこに誰といたか」でもかなり印象は変わると思います。



フツーのビーチでも、楽しい仲間と行ったら
きっとキラキラと見えるし、誰かと出会ったら
「楽しい町」になります。


人間の記憶や印象なんて、いくらでも
書き換えられます。


学校選びや都市選びも同じですが、
その場所でどんな友達が出来たか、
どんな出会いをしたかで、印象が決まると思います



どんなに有名なレストランでも、
ウェイターの態度が悪かったりすると料理が台無しですし、
逆にちょっと古いお店でも、店員さんがものすごく親切だったりすると
友達にお勧めしたくなります。





これで思い出しましたが、先日もう一つテニススクールに
入会しました。今週から二つのスクールを掛け持ちしています。



で、体験レッスンに行った時の話ですが、
スクールって、いつもの仲間みたいなのが出来ているから
最初はちょっとアウェイなんですよね。


で、柔軟体操が始まるまで一人でコートに立っていたら、
おじさんが話しかけてきました。


「テニスは長くやってらっしゃるんですか?」とか、
「どれくらい練習してるんですか?」とか。


で、ちょっとおしゃべりしていたら、
どうやらその辺のおじさんではなく、そのスクールのコーチでした。


体操が終わって指定されたコートに行こうとしたら、
そのおじさんコーチが
「桜井さん、桜井さん」
と遠くから声をかけてきてくれて、
私が振り向くと「楽しんで下さいね」と言ってくれました。



いきなり「桜井さん」と名前を知っていたのも嬉しかったし、
アウェイだったので、「楽しんで下さいね」と一言声をかけて
もらっただけで、かなりリラックスできました。


当然その日に入会しました。



住宅街にある小さなテニススクールで、
コーチの年齢層も全体的に高くて(おじさんばっかり)、
マイナー感満載ですが、とてもアットホームで
安心した気持ちになれるスクールでした。



なんでもそうですが、
そこで自分を認識してくれる誰かがいて、
コミュニケーションがとれただけで
その場所が「好き!」となります。



「どこ」ではなく「だれ」というのが
一番大事だなあと思いました。



エージェントを選ぶのもきっと同じですよね。
うちを選んで下さる方々は、カウンセラーという「人」
を選んで下さっているんだと思います。


土屋も下家も、(もちろん私も!)
みんな親切で優しいですから。



もちろん学校や都市の知識も大量にありますが、
どれだけお客様の不安な気持ちを理解しているか、
が大事なんだと思います。



自分のホームの時は、
緊張している人やアウェイの人には率先して声をかけよう、
と、勉強になりました。