自転車がパンクしました

5年くらい乗った自転車がついにパンクしました。
空気が抜けやすくて、タイヤもいつも重くて
パンクするのも時間の問題、、、と
いつもドキドキしながら乗っていました。


そして、ついにパンクしました。
テニスにいって、帰ろうとしたらタイヤがぺっちゃんこ。


仕方ないので、ゆっくりゆっくりと、
ドコン、ドコンと上下にバウンドしながら
自転車にのって帰ってきました。


パンクした自転車にのるのは
なかなかドキドキします。


タイヤ交換だと前後で1万円。
タイヤの交換だけでも十分間に合ったのですが
自転車そのものが古い。

ギアもついていないので、坂の多い都内だと
猛烈に大変でした。


新しい自転車、欲しいなあ~~~


と、ずっと考えていたので
ついにその日が来たわけです。

でも、いざその日がくると
自転車屋さんにも


「まだまだ乗れるのに、、」
「もったいない気もしますねえ」

とか、言われてちょっとひるみました。


とりあえずタイヤの交換だけして
夏くらいにまた考えようかな、と
一瞬思いましたが、
店に並ぶピカピカのギヤつきの
自転車を見て、


いや!早く替えれば、早く快適な生活が手に入る。
古い自転車に乗っている時間が長くなれば、
新しい自転車に乗れる時間が先延ばしになるだけだ。



と思いました。


遅かれ早かれ、自転車を買い替えることは
決めているわけなので、
だったら早いほうがいい、と20秒くらいの間に
くるくると考えて、結論が出ました。


「新しいの、買います」


長年のった自転車は500円で引き取られ、
心の中で「今まで有難う」とお礼を言いました。


あまり眺めていると悲しくなるし、
気が変わりそうなので、
店に乗り捨てた古い愛車は見ないようにしました。


新しい自転車はすぐに決まり、
15分くらいの手続きで完了しました。


新しい自転車は快適!
ギアがあると、坂道はこんなにラクなのか!と驚きです。
自分がどこへでも行けそうな気になります。




どーでもいい自転車の話でしたが、
これって留学を決めるのと同じです。


今の生活を捨てるか、捨てないか。
新しい生活をどのタイミングで始めるか。
早く始めれば、早く変われる。
自分の知らなかった新しい世界を見ることができる。



愛着のあるものを捨てるのは悲しいです。
このままでもいいのかも、と思います。

でも、このままでいることを考えた時に
「やっぱりイヤだ!」と思ったら
それは早く手放したほうがいいです。


一度きりの人生。
たくさんの選択肢や、より良い世界があるのに
それを試さないなんて、もったいない。

一つのことに執着しないで
どんどん手放していきましょう。


早く手放せば、早く新しいものが手に入ります。
早く動かないと、どんどん年をとってしまいますよ。