英語が話したい!これだけで十分です。

昨日は暑かったですねえ。
東京は29度もありました。
今日も最高気温は30度の予報です。
まだ5月なんですけどね。。




今日はお客様の感想文をご紹介しますね。
とても長い文章を頂いたので、ちょっと抜粋します。



↓ここから。




●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか? 


私は30歳を超えているので、ワーキングホリデーでは行けません。
かといってがっつり英語を勉強して仕事に活かしたいという理由ではなく
離職を機に、再就職の前に旅行などの時に英語でもっとコミュニケーションが取れるように
留学をしてみよう、と比較的軽い気持ちで留学を考えました。



他者のエージェントに初め相談したところ
留学するなら、将来の仕事に活かして当然、生半可な気持ちで留学するなんて考えられない
という感じで1年以上の長期留学&現地の大学に進学の提案を受け
金額的にも内容的にもハードな内容でした。


年甲斐もなく軽い気持ちで留学を考えていた自分が恥ずかしくなり
やはり留学は若い人や志の高い人、お金持ちの人がするんだなぁと
諦める、というより、するべきでないような悲しい気持ちになっていました。





●アクティブウーマンを選んだ理由は? 

誠実で気持ちのいいというか気風のいいエージェントだな、と本当に感動しました。

前述のように他のエージェントに行ってから、留学を断念するべきか悩みながら
アクティブウーマンさんに恐る恐る伺ったところ、
桜井さんが1カ月の留学で、予算が150万円という私の申し込み内容を見て驚かれました。
(それだけアクティブウーマンさんが安価ということですが)


他者では一年400万などの紹介内容だったので
桜井さんが驚かれたことに逆に私も驚きました。


「その予算で1カ月なら1/3くらいの費用でうちからは紹介できるから
豪遊するのかと思っていた。その予算ならもっと長く行けるよ!」

と笑ってお薦めいただきましたが
就職活動もあるため、とりあえず行ってみよう、と1カ月半だけ申し込みました。


正直、あまりに安すぎてかえって不安だったのですが
(たまたま私が相談した他者が高額すぎたのかもしれませんが)

最終決断するに至ったのは金額というより、一番は桜井さんのお人柄です。


留学理由も、

「仕事を辞めて時間があるなら、今まで頑張った自分のご褒美に
リフレッシュも兼ねて行ってもいいと思うよ!」


とのお言葉に、とても勇気づけられたとともに
都市やホストファミリーを決める際のやり取りも
押しつけがましくなく、かといって、突き放した感じでもなく
優柔不断な私の肩をぽんと叩いて軽くしてくださるような、絶妙なコミュニケーションでした。



カウンセリングの後は、悩んでいたのが嘘のように
すがすがしく、留学が楽しみで仕方なくなるくらいワクワクした気持ちになりました。



その後、申し込みに変更があったり、いただいているご連絡に
きちんとご連絡出来なかったりしたのですが
その際も、とても親切に、また、押しつけがましくなく、かといって
ビジネスライクで冷たいと感じるわけでもない、絶妙な距離感でやり取りしてくださいました。
(おそらく人によって合わせてくださっているのでしょうか?)
とても気持ちよく申し込み~準備をすることができました。



とても誠実で留学生のことを一番に考えてくださっているからこそ
一人一人の事情や考えを受け止めてそのようにアドバイスや手配をしてくださっているのだと思います。

お詫びとともに心からお礼申し上げます。





●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか? 

「絶対アクティブウーマンにしたほうがいい!」と薦めます。
実際、知人の大学生が留学したがっているので、帰国後紹介しようと思っています。

渡航前のアンケートですが、渡航後になってしまいました。すみません。

しかし、渡航後でよかったと思います。
なぜなら、渡航前も思っていましたが、それ以上に
渡航後の今が一番、「アクティブウーマンに出会えてよかった!」と
心からハッピーだからです。


ご紹介いただいたホストファミリーが素晴らしく素敵な家族で
それだけでも最高です。

到着の当日にすべてホストファミリーが、
携帯電話、定期券、学校までの経路確認などを手伝ってくれました。


しかも、私が頼んでいないのに、すべて先方からごく自然にかつ積極的に
進めてくれました。

私は気を遣う性質なので、自分から頼って手配の手伝いをお願いしたり、聞くことは
できなかったと思うので大変ありがたかったです。


現地の携帯の契約については
アクティブウーマンさんからせっかくご事前案内いただいたのに、
こちらもうっかり締め切りを勘違いしていて申し込みに間に合いませんでした。


ご紹介いただいた現地のオフィスに足を運ぼうと覚悟していましたが
連絡が取れる環境になるだけで安心感がかなり違います。


そのあたりも、事前に携帯契約の案内をくださっているアクティブウーマンさんは
その人の立場に立って手配を進めてくださる、
かゆいところに手が届くような気遣いにあふれているのだなぁと
改めて感心しています。


本日初めて、学校に行きましたが、学校のスタッフや先生も
親切で安心できる環境です。

私は海外に行くとき、水回りの清潔さが気になるのですが
学校のトイレはホストファミリーのお家より綺麗(新しいから)でした。


ご紹介いただいたホストファミリーや学校が素晴らしいのも
きっとアクティブウーマンさんが、きちんとした取引先(?)を選んで
いらっしゃるからだろうなぁと思います。


私はほかの人に比べて、おそらくかなり短期留学なので
しっかり勉強しないといけないなぁと思いつつ

桜井さんの「自分へのご褒美」という言葉を支えに楽しんで頑張りたいと思います。


後悔しているとすれば、「その予算ならもっと長くいってもいいんじゃない?」と
お薦めくださったアドバイスに、
「まずは試しに1カ月いってみて、いけそうなら再度留学のチャレンジをする」と
固持して従わなかったことくらいです。すでに楽しくてもっと長くいたいです。

やはりプロのアドバイスは何から何まで的を得ていたのだなぁと
心からこの出会いに感謝申し上げます。

本当にお世話になりましてありがとうございました。
(現地で何か困ったことがあったらご相談してしまうかもしれないですが
そちらについても、アクティブウーマンなら、大丈夫、という安心感があって
心強く思っています)






↑ここまで。



いろいろと感動していただけて良かったです。
自分へのご褒美留学は、私はよく理解できます。

何かを達成したご褒美。
今までずっと仕事をしてきたご褒美。


好きなものを食べたり、ちょっと高級な物を買ったりしますよね。
留学だって大きな節目に自分へのご褒美として
行ってみてもいいと思います。


もし私がフランス語を習っていたとして
せっかくだからフランスに行って
本場のフランス語に触れてみようと
留学相談に行ったとして、そこで
生半可な気持ちで行くなとか、
大学に進学しろなんて言われたら
「は、、?」と途中で話す気がなくなると思います。

あれ?ここって大学進学相談の窓口だっけ?
となると思います。


大学なら日本でとっくの昔に卒業しているし
学びたい専門分野もありません。
私が学びたいのは「フランス語」なのに。。
となるはずです。

皆さんが学びたいのも「英語」なはずです。
英語がぺらぺらと話せるようになりたいから
留学する、というのが最初の動機なはずです。


社会人の留学が全員、MBAをとって、学士をとって、
なんて、そんな留学するはずがありません。

私だって興味ありません。


まずは語学。
これが一番大事です。
それができるようになって初めて
次にこの国で何がしたい、という目標が見つかるんだと思います。


一歩一歩。進めていく中で道が見えてくるものです。
最初は何も見えなくて大丈夫です。