どうして私だけ?の「どうして思考」

昨日は初夏のような暖かさでしたね。
終日半袖で過ごせました。
でも、今週はまた冷え込むようですね。


ソファでゴロゴロする用にブランケットを使用していますが
まだまだ撤収するには早いようです。




よく「ピンチはチャンス」と言いますよね。
それでは一体なにが「チャンス」なのか?


それは自分を変える、乗り越えるチャンスです。
ピンチがないと、ぼ~~~~と過ごしてしまいます。

でも、ピンチと呼ばれる事件が起きると
自分の意識が変わります。


うまく言っている時には、人は変わろうなどと思ったりしない
と、誰かが言っていました。
その通りです。私もそうです。


でも、ピンチが起きた時って、
うまくいっているのに、どうして変わる必要があるのか?
と思うかもしれませんが、
これは神様からの試練だと思います。


「お前さ、いつまでぬるま湯の中にいるわけ?そろそろ出ろや」


うまくいっている、と思っているのは自分だけで
それを神様レベルで見ると、「ぬるま湯」と呼ぶかもしれません。

現状維持で、何も変える気がない。


毎日ひま~、というのもある意味メッセージだと思います。
このまま年をとるのかな、時間ばかりが過ぎていく。


これもゆるいピンチです。
そういう意味では、毎日がピンチ。


だって、4月が終わったら5月になって、
桜が散ったら夏になって、「ああ、今年も半分終わっちゃったな」
とか言って。そして年末です。

こんな風に思う人にとっては、変わらない自分は
毎日ゆるいピンチです。


でも、ピンチの中に自分を変えるヒントがある。
だから、何か「やばいなこれ」と思うことがある人は
成長のチャンスだと思います


毎日の生活で、「この生活のままじゃ、やばいよな」
と思っている人は、そのピンチの中にきちんと
チャンスが隠れていますよ。

自分の意識を変えるチャンス、そして、
環境を変えるチャンスです。




話は変わりますが、
どうして何も決められないの?とか、
どうして私だけ?の「どうして思考」の、多いと思います。

それを、どうしたら出来るかな、どうしようかな、と
考えるといいです。


どうして?なんで?いうのは内側にこもる思考です。
どんどんネガティブになっていきます。
頭でぐるぐる考えるだけで、決して答えは出てきません。
頭も疲れます。


それに反して、どうしようかな、ああしようかな、こうしようかな、
やってみようかな、という思考は、外側に向いていて、
気持ちが明るくなっていきます。
そして、外から答えがやってきます。


私も「どうして思考」の癖がありましたが、
これは影を見てしまいます。


同じ事柄なのに、光の部分と、影の部分を見る人に分かれます。
光は期待です。影は不安と恐怖です。


同じ未知の事柄に対して、どうせなら期待しましょう。
どうせ起こってない事柄です。
だったらそれまでを期待してワクワクしたほうが
絶対にお得です。


ああしよう
こうしよう


この思考回路にするだけで
本当に気持ちがラクになって前向きになりますよ。



留学しよう!
海外で暮らしてみよう!
自分の未来を信じてみよう!