人生とは予定しない方向へ動いていく

今日はあいにくの雨。
お花見を予定していた方には
残念な空模様ですね。


中目黒は大変な人ごみだったようです。
メトロなので、改札が小さくて、
おまけに目黒川の川沿いも狭いんです。


でも、あの桜のトンネルは綺麗ですよね。
千鳥ヶ淵もそうですが、川沿いの桜は
本当に美しいです。
朝とか空いている時間に行きたいものです。



先日、3名のカウンセリング予約があったのですが
なんと3名ともCAがらみでした。
CAとはキャビンアテンダントの事です。

2名のお客様は英語を身に着けて
将来CAになれたら嬉しい、という方。

そしてもう1人はなんとCAになってしまった
という、オーストラリア留学を終えた
弊社のお客様でした。


今月から就職が決まった航空会社の本拠地である国へ
移住するそうです。
その前に、「ご挨拶に」とオフィスへ来て下さいました。

仮にAさんとしますが、AさんはもともとCAになる予定は
全くありませんでした。日本では普通の事務職です。
弊社へカウンセリングに来たのが去年の1月。



オーストラリアではCAに応募する留学生が
凄く多いんです。CAになるためには専門資格は不要です。
なので、英語力があれば誰でも挑戦できます。


Aさんも、まわりの友達に刺激されて
受験してみたら、なんと受かってしまった、ということです。


ちなみに弊社の他のお客様でも
留学後にCAになった方がいます。

彼女も「まさか自分がCAになるとは夢にも思わなかった」と
言っていました。


Aさんも同じだと思います。
英語をもっと話せるようになりたい、ということで
相談にみえて、渡航したのに、まさか自分がCAになるという展開になろうとは。


全てはここから始まりました、とカウンセリングに来た1年前を
懐かしく振返っていました。


人生とは綿密に計画しなくても
ちゃんとなるべく方向へ流れていきます。


Aさんだって、1年前にはまさか自分が海外に移住して
CAになるなんて、夢にも思わなかったはずです。

たった1年の間に人生は大きく変化することができます。
それもこれも、あなたが流れに逆らっていては
何も起こりません。


直感がちゃんと伝えているのに、たくさんのメッセージが
あなたの前に現れているのに、
それを頭で否定して動かない。


どこかへつながる道がちゃんとあるのに
それを無視して否定して、何年も無駄にしています。
早く動けば、早く結果が出るのに。



AさんはCAになった自分にまだ戸惑っている様子でした。
今でも信じられないような、不思議がっている感じに
見受けられました。

そしてきっと彼女は、ここから先、また自分がどこへ繋がっていくんだろう、
ということも、きちんと観察すべきことに気が付いています。
ここが最終地点じゃないことも。


CAになった、というのは単なる経過で
またここからどこかへ繋がっていくと思います。
何かとの出会い。誰かとの出会い。


まずは目の前にあることをしっかりとやって
そして自分に起こるチャンスを逃さないこと。
まずはやってみること。
起こることには全て意味があると受け入れること。


これを繰り返すことで、
気が付いたら遠くまで行くことができるんだと思います。


次は何が起こるんだろう??とわくわくするのも
能力の一つ。楽しむ技術を身につけましょう。



ということで、先日はCAデーでした。
私のまわりには、こういうことはよく起こります。

その日のカウンセリングにいらした方が
全員同じ学校に申し込んだとか。


カウンセリングに予約した方が
全員、静岡県民だったとか。熊本県民だったとか。

東京にある代理店のその日の予約が
全員、熊本県民ってどう考えても奇跡的ですよね?


もちろん一人一人には、なんの接点もありません。
こういう現象って、面白いですね。