人気学校の先生が来日して、デモレッスンをやりました!

3連休があけて、桜の開花もついに発表されましたね。
今週一気に咲きそうですね。
春分の日も終わり、いよいよ春の訪れです。


私はこの連休中に北海道のニセコへスキートリップに
行っていました。


北海道までは羽田からたったの1時間20分。
新幹線で大阪行くより近いです。
なんと新千歳空港には露天温泉風呂もあるんですよ。



今年は暖冬なので北海道も暖かかった。
スキーしてると汗かきました。
到着した日なんて10度以上ありました。


ニセコはオーストラリア人がたくさんいることで有名です。
レストランのメニューも英語がメインで、
キッズのスキー教室も英語で、受付の人も外国人でした。


そしてみんな上手!
オーストラリアみたいな暖かい国に住んでいて
なんでこんなにスキーやスノボが上手なんだろう?と謎です。

みんな2週間くらい長く滞在して、みっちり練習するのかな。


3日間、滑り倒してきました。
さすがに3日目は足がむくんでパンパン。


上級者3人と一緒だったので、スパルタスキー合宿。
一日8時間滑って、夜10時半には就寝しました。



みんな風のように早い滑りで、あっという間に視界からいなくなります。
ついて行くのが大変でしたが、上手な人と一緒にいると
私ももっと上手くなりたい!とさらにやる気がでます。

英語もスキーも同じですね。
ぺらぺら話す人と一緒にいると

「かっこいい!私もああなりたい!」

と憧れます。

スキーも英語もテニスも全て同じですが
私のモチベーションは「出来るようになったら、かっこいい!」という憧れです。


だから、やっぱり「こうなりたい」と憧れる上級者と
同じ空間を過ごすことはとても大事だと思います。

自分より上の人といると、技術も絶対にあがります。
バランスの法則というものがありますが、
これはまた機会があればお話します。




先週の金曜日はナビタス・イングリッシュという語学学校から
先生2名が来日して実際の授業を再現した模擬レッスンを
行ってくれました。大人気でセミナーは満席。

皆さん楽しんでいただけたようで良かったです。
以下のような感想を頂きました。



*身振り手振りを添えながら行ってくれたので、
分かりやすかった。 

*先生との距離が近く、他の方々とも
話しながら楽しんで受講できた。

*グループでの授業だったので、
心強かったのととても楽しかったです。

*グループになり、皆で考えながら
授業を進められたのが楽しかったです。


*授業がゲームみたいな感じだったので、
楽しんで受けることが出来ました。


*全く理解できなくて取り残されたら...
と不安があったけど、すごくわかりやすくて楽しかった!!
もっともっと勉強しようと思いました。


*分からないなりに楽しく、英語に触れあえた。
もっとわかったら楽しいだろうなぁと思った。 

*当たり前ですが本当に英語だけの授業。。
英語の意味が分からなくても、
身振り手振りで教えてくれたのが良かった。


*先生方が面白かった。正直自信がないし、
分からない・聞き取れない事沢山ありましたが、
少しずつ早くわかるようになりたい
という気持ちが強くなりました。
もっともっと楽しみたいです。



ここまで。



今回は初級の授業をやりましたが、これを読んでいてもわかるように
身振り手振りを交えて、先生はとてもフレンドリーなので
授業がとにかく楽しいんです。


中学の英語の授業で、「先生がフレンドリーで楽しかった」
という記憶はないと思います。

教科書を読んでいる時間が長くて、つまらなくて
脱落していった人も多いと思います。


海外の英語の授業は全然違いますよ。
何よりもレベルでクラス分けされているので
全然分からない授業、というものが存在しません。

だって、分かるレベルに振り分けられてますから
分かる授業しかしません。


また、グループワークが楽しいんです。
3人くらいのグループになって頭を寄せ合って
あーだこーだと知恵を出し合って、
そこを先生がぐるぐる回ってくれて
でも、小さいクラスだからちゃんと目が行き届きます。


そして何よりも、「分かったらもっと楽しいのになあ」
という気分になって、勉強しよう!と前向きになります。


受験でもなんでもないし、
親や先生からうるさく言われているわけでもないのに
自分から「やろう」という気持ちになります。


こうなると人は強いですよ。上へ上へとどんどん意識があがって
集中力がついて、勉強することが苦ではなくなります。

はたから見たら努力と言われるものは、あなたにとっては別に努力でもなんでもありません。
出来るようになりたいからやっているだけです。

私のスキーやテニスと同じです。できたらもっと楽しいのになあ、です。
こういう気持ちにさせてくれるのが
語学学校です。プロの先生たち、一緒に勉強する仲間。


ずっと英語が大嫌いだった、苦手だった、という人ほどハマります。
英語ってこんなに楽しかったんだ!という声も多いです。




そして、このレッスンに参加した方は
多分気が付いていないと思いますが、
参加者は全員日本人でしたが、「これじゃあ英語の勉強なんてできないよ」
とは思わなかったと思います。


先生の英語を必死に聞いて、
自分の言いたい事を考えて、という感じで
頭の中が英語モードになろうとしていたと思います。
もっと勉強しなきゃと思ったはずです。


日本人がちょっとくらい多くても
英語を学ぶ環境には全く影響しないと思います。


これが海外だと学校は英語オンリーポリシーで
クラスにはもっと外国人がいます。
そして授業が終わって外に出ても、ずっと英語です。


大事なのは、あなたが何を見ているかです。
日本人という人種を気にしているのか。
それとも、英語を話す先生を見ているのか。
そして自分も話せるようになりたいと思うのか。


まずはしっかりと自分が何がしたいのかに
集中しましょう。



留学って楽しいですよ。