あくまでも英語はコミュニケーションを図るツールの一つにすぎない

<アンケート>


・お名前
O・N様

・学校名
Inforum



自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどを
なんでもご記入下さい!
 
学校生活は1か月の契約でしたが、
あっという間でまだまだ勉強したいと思い、
残り2週間ほど前になってジュンさんに何度か相談してプラス1か月の延長を決めました。
 
いつ行っても親身に相談に乗ってくれました。
学校内では英語オンリーということで日本人との会話も英語。
鍛えられました。延長して良かったと思ってます。
 
住んでる街はサーファーズパラダイスという、
とても住みやすいところです。海なんて3分で行けます。
 
陽気な人が多く、ほほみんなサンダル。
カフェ、スーパー、バー、アパレル店、雑貨屋等、
本当にいろんなお店が凝縮されており、
週末になるととても賑やかになる街です。
 
アルバイトはマッサージ店で施術をしています。
未経験からのスタートでしたがなんなくこなせてます。
(こっちの人はうるさくないので。笑)
 
給与は歩合制ですが、贅沢に過ごさなければ、
少しだけ貯金ができるくらいの生活はできます。
 


●留学して何か変わりましたか?
いくつかあります。
まずは外国人に対する苦手意識がなくなりました。
 
日本にいた頃は、話かけられるとどうしてもパニックになってしまい、
簡単な英語さえ聞き取れないということが多々ありました。
 
そしていつの間にか外国人を避けるようになってました。
ここに来てからはそういうわけにもいかず、
アルバイトではいやでも話す機会があります。
でもそのおかげで、今ではお客様と会話をしながらマッサージをすることもしばしばです。
 
次に、英語に対する意識です。
完璧を求めていてはいけない、あくまでも英語はコミュニケーションを図るツールの一つにすぎないということです。
ここには英語を第二か国語として話す人たちがたくさんいます。
完璧じゃなかろうと、自分の伝えたいことを自分の言葉で伝えています。
 
完璧を求めるあまりに結局何も話せなかった私でしたが、
拙い英語でも伝わればそれでいいのだと思うようになりました。
たまになにも考えずに喋り出して、途中で詰まることもありますが。。。笑
 
最後に、日本に対する見方です。
本当に日本は島国なんだな~と感じました。
日本は大好きです。
やっぱり永住するなら日本が一番だとは思います。
ただ、日本人だけで固まっているとなかなか外の情報をキャッチしずらく情勢が見えにくいので、もっともっとグローバル化する必要があると感じてます。
 
まだ漠然とはしてますが、
帰国したら海外交流をサポートできるような仕事に就きたいと思ってます。
 

●もし留学していなかったら、今頃どうしていたと思いますか?
退職した会社で仕事を続けてると思います。
前職は職場環境もよく、業務自体も嫌いではなかったので、
それなりにやりがいを感じながら変わらない日々を送っていたかと思います。
ただ心の隅には、ずっと後悔の念が残ったままですが。