話しかけられやすい人になろう

何かしてほしいことがある時は
自分からするのが一番早いという話をします。


満員電車で雰囲気が悪い。降りるときは声くらいかければいいのに。
あの上司、いつもイライラして感じ悪い。
うちの職場って誰も挨拶しない。誰かがおはようっていえばいいのに。



こうやって「xxすればいいのに」と思う事ってありますよね。
そういう時って、自分がやれば済むだけかなと思います。


自分がニコニコと人に接して、自分から「おはよー」と声をかけて。
うちの母親は人の後ろ姿でも、見かけたら自分から声をかけろと言います。
これ、自分がやられたら嬉しいんですよ。


自分が気が付かないのに、「桜井さ~ん!」とか
後ろから声をかけられると、結構嬉しいんです。
そして声をかけてくれた人の好感度が上がります。


こうやって「可愛がられる人になる」努力も大事です。



海外留学にはみんなが一人で行きますが
友達がゼロの状態から、自分の居場所を作らないと行けません。


これも簡単で、自分からハローと話しかければいいだけです。
あまり話すことがない人でも、相手が勝手にしゃべってくれるから
大丈夫です。


もしこれも難しいなら、せめて話しかけられやすい雰囲気を作って下さい。
電車の中でまわりを観察すると、ムスっとしてiPhoneとにらめっこしている人が
ほとんどですが、ある日にこにこしながら乗り込んできて、文庫を広げた女の子がいました。


私はとっさに「天使か??」と思いました。
それくらい、彼女のまとっている空気が癒されていたんです。


用もないのにニコニコしている人は気持ち悪いかもしれませんが
なんとなく口角をあげる練習をして、少なくとも周りの人から
あの人、いい人そうと見られるとすごく得です。


にこにこ笑顔の人は、それだけで人を癒します。
その人に関わった人の1日を変える力があります。


気の利いたおしゃべりはできなくても
笑顔くらいならできますよね。


英語が苦手なら、まずは笑顔でカバーしましょう。
笑顔でいれば、回りの人に対するバリアーがなくなって
他の人もあなたに話しかけやすくなりますよ。



環境を変えるのは簡単です。
笑顔でハローと言ってみるだけ。
普段は話したことのないあの子にも
今日は笑顔で挨拶してみましょう。



環境を変えるとは、自分の殻を割る努力。
小さなヒビをまずはいれれば
そのうちカパっと割れますよ。