頭がパンクしそうになったこともありました


・名前 

 

H・A様

 

・学校名 
Impact(Melbourne )

 

 

自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどをなんでもご記入下さい!

 

学校へは4ヶ月通いました。最初の3ヶ月はGeneral Englishのクラスで最終的にはUpper-intermediateまで進級しました。正直、文法などはレベルが上がってもさほど変わらない感じがしましたが、先生との会話の内容や、使用する単語などが難しくなったように感じました。これは、どの先生が担当になったかで随分変わると思います。
その後、Baristaコースに移りましたが、これが最高に楽しかったです!クラスも少人数だし、学ぶことが新鮮で、あっという間に終わってしまいました。
その後、Kickstart programというインターンシップのようなものに参加し、ローカルのカフェで働きました。そのカフェのボスがものすごく良い人で、仲良くなってから、短期的に数回働かせてもらっています。
仕事は、メルボルンに着いてすぐ探し始めて、1ヶ月後位からジャパレスで働き始めました。いわゆる低賃金のところですが、まかないがついているので、食費は浮いています。
メルボルンといえばやっぱりカフェで、カフェ巡りをするのがとても楽しいです。少し郊外に出れば自然があるのもいいと思います!

 

 

●留学して何か変わりましたか?

以前カナダで短期留学をしたことはあったものの、シェアハウス探しや仕事探しなどは初めてでした。他にも自分の力でどうにか調べたり聞いたり考えたりしなければいけないことがいっぱいあって、頭がパンクしそうになったこともありました。でも、それを乗り越えられたからこそ今の自分がいるんだという、自信のようなものを持つことが出来ました。

 

●もし留学していなかったら、今頃どうしていたと思いますか?

おそらく日常に飽き飽きしながらも、現状を変えることはせず、友人達の楽しそうな話などを「いいなぁ」ってひたすら羨む日々だったと思います(笑)