たくさんの人に支えられ、人の温かさを感じた一年間でした。

・お名前 
H・R様 

・学校名 
Sun Pacific College 

自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどを 
なんでもご記入下さい! 

3ヶ月間、ケアンズにあるSPCのIntermediateを受講。 
その後シドニーに移り、バイトをしながら発音矯正とスピーキング重視の授業を持つ学校に通いました。 
シドニーの学校終了後、セカンド取得と英語力向上のためにウーフをしてもうすぐ3ヶ月になります。 

ケアンズ 
SPCでは、3ヶ月間同じクラス・先生の元で学びました。クラスメイトと週末にビーチでBBQをしたり、レンタカーを借りて近くの観光地に行ったり、とても楽しかったです! 
ホストファミリーは動物園や近くのビーチに連れて行ってくれたり、手づくりのオーストラリアのお菓子をご馳走してくれたり、学校卒業前にケアンズの市内でバイトや物件探しをするときも一緒に回ってくれました。 

シドニー 
自分の英語が伝わらない、まだまだ話せないと悩み、発音矯正とスピーキングを強化するコースのある学校に行きました。 
英語ペラペラのヨーロピアン、現地に一家で移住しているベトナム、韓国人などなど、アドバイスレベルの人に囲まれ、ディスカッションをしたり、プレゼン、校内イベントの企画、ボランティア、仕事の面接の練習などをしました。先生は全て私たちの様子をビデオに撮り、発音も含め後日1人1人にフィードバックをくれます。 
中級レベルの私にはハードルの高い授業でしたが、とても刺激的な5週間でした。 
この5週間の間、回転寿司屋で働きました。3時に学校が終わり、4時から11時まで休憩なしで週5で働きとてもきつかったですが、電話でオーダーを取ったり リアルオージーの接客ができたり、日本ではできない経験ができたと思います。バイト終わりの真夜中のお寿司食べ放題(持ち帰りも可)のために、仕事に行っていました笑 

③ウーフ 
シドニーの学校終了後すぐウーフに行きました。一つ目のウーフは週末ミュージシャンのおっちゃんが趣味で作った畑の手伝い…とウーフの本に書かれていたのですが実際は庭の草刈りと彼の身の回りの世話でした。会話もまったくなく、ただの召使いのようだと感じ1週間で辞め、シドニーに戻りました。 
そこで助けてくれたのが元シェアメイトのニュージーランド人。 
彼女は私のためにウーフのサイトを端から端まで見て、良さそうな場所を教えてくれたり、英語での電話が苦手な私のために代わりにウーフのオーナーと連絡を取ってくれました。 
そして見つけたファーム。ここでは本当に素敵な家族に恵まれました。ご飯もちゃんと出るし、(週に2回くらいステーキがでます!)、手づくりデザートも毎日作ってくれます。仕事終わりにオージーの文化らしくビールで乾杯し、子供達と一緒にゲームしたりDVDを観たり…。本当に1日中英語漬けです。オージーは語学学校の先生のようにきれいにはしゃべらないんだなということを知りました。 
会話が聞き取れず、話についていけず、仕事中やご飯中、石のようにだまったままいて何度悔しい思いをしたことか…。しかし、最初のころは単語しか拾えなかったリスニング力が滞在3ヶ月がたった今、訛りの強すぎない人の英語ならネイティブ同士の会話でもまるまる聞き取れるようになったり、テレビや映画も字幕なしで大体の筋を追える様になったてきたり、少しずつ変化を感じます。スピーキングはまだまだですが。 

セカンド取得後は観光業の仕事を見つけること、ケンブリッジ英検に挑戦します!大学2年間休学、1年間浪人をしたため帰国後は人より3年遅れての就活をする予定なので、日本に帰ったあとの不安はつきません。ですが、こちらに来てからは「なるようになるさ」と前向きに感じられるようになりました。そして、ここには書ききれないくらいたくさんの人に支えられ、人の温かさを感じた一年間でした。本当にオーストラリアに来て良かったです! 

  

●よく通っていたレストラン 
通っていたレストランはありませんが、シドニーのサリーヒルズにあるタイレストランと、ニュータウン駅前のスイカケーキが看板商品のケーキ屋さんがお気に入りでした! 


観光地 
ケアンズ 
・マリーバのcoffee works(10ドルでチョコとコーヒーの試飲し放題) 
・アウターリーフ 
ケアンズトロピカルズー(SPCの近く) 
シドニー 
・クージービーチ(セントラルからバス) 
ニュータウン(若者の町。セントラル駅から電車で10分) 
タスマニア(ツアー参加) 
クレイドルマウンテン 
タスマニアンデビルの見れる動物園 
魔女の宅急便の舞台の町