読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一緒にいてもスマホ

ゆうべは東京は予報通りの雨。
風が強くて、夜中に雨がガラスをバチバチを打ち付けて
何度も目が覚めました。


さて、今日はある記事が面白かったのでシェアします。

「一緒にいてもスマホ」という本の書評です。
本は読んでませんけど。



以下抜粋。


著者によればアメリカの10代の4分の1は、起きてから5分以内に
デジタル機器にアクセスし、1日に100通のメール(チャット)を送信する。


友達と話す間も授業中もスマホの画面を気にしている。
オンライン上では、そうありたい自分を見せようとし
「いいね!」がつくのを見る達成感のために
フォロワーが聞きたがる楽しい話題だけをアップする。



だが、友人たちが「楽しくしている」のを見て、
自分は不安にとらわれてしまう。
一人きりになれないことで、余計に孤立感を生む。


スマホを携えた会話では、誰かがしばしば離脱するから
軽めの会話に終始する。話の多くはスマホ上の話題やその場で
調べた単純な事実ばかりだ。


アメリカの大学生の共感能力が
過去20年間で40%低下したという。
この大きな原因は対面会話の欠如だと著者はいう。


アイコンタクトを伴った会話こそが親密さ、
信頼感を生み、痛みを分かち合い共感を育てる。


親たちも会話を避けがちだ。
幼少期に共感力が育たなければ、生涯に尾をひく。

編集したり修正できないから対面会話は怖い、と
若者は言う。


会話こそが共感を高め、作業の効率を効率させ、
新しいアイディアを喚起させるという。
米国ヤフーでは在宅社員を会社に呼び戻した。


↑ここまで。



スマホは便利ですが、こういったネガティブな側面もよく聞きます。

これを読んで思い出したのは、先日の電車の光景。
40代くらいの母親と、小学3年生くらいの息子が並んで座っていて、
母親はスマホを、子供はiPadをずーっと見ていました。


母親が時々息子に話しかけますが、
息子は顔をふとあげて、気のない返事をして
またすぐに画面に戻る。これの繰り返し。

こういう子供が大人になったら、どんな人になるんだろう、
と思いました。


一緒に並んで座っている若い女の子同士も、
二人でだまりこんで、スマホを眺めているのはよくある光景です。


カップルが向かい合って座って、
二人でだまってスマホを見ているのも
よくある光景です。



日本でのリサーチを誰かがすると良いと思いますが、
「共感能力が過去20年間で40%低下」という
アメリカのことも、まんざら批判できない気がします。


日本の場合は大学生よりも、20~30代の会社員でも
同じ結果がでたりして。


スマホは依存性があります。
あの小さなスクリーンの向こうって、まるで宇宙だと思います。


世界中の情報が常に渦巻いて、欲しい情報はすぐに出てきて、
クリック一つで欲しいものが家に届いて、
赤道の向こう側にいる人とも、その場でコンタクトがとれる。


便利さは利用するものであって、利用される側にならないように
注意が必要だと思います。



自分の投稿記事は、反応が気になって何度も見に行くのも分かります。
投稿しなければいい話ですが、でも投稿したい気持ちも分かります。


不特定多数に向けて投稿するかわりに、それを「ねえねえ、見て見て!」と
直接伝えられる友人がいるはずです。いたはずです。


誰に、、?と、誰も思い浮かばない人は、急いでスマホから抜け出して
本当の友達作りを始めたほうがいいかもしれません。



私は自宅でスマホやPCやiPadなどから離れる時間を設けるときがありますが、
そうすると、な~~~~んかヒマなんです。
家の中をうろうろしたりして。



手持ち無沙汰を一通り味わうと、
「英語の勉強でもするか」とか、
「ネットじゃなくて直接お店に行ってみてくるか」とか、
色々と思いつくんですよね。


そのうち「手紙でも書くかな」とかなりそうです(笑
でも、そういう人間的なアナログ速度、って
たまには必要な時間だと思いますよ。


YouTuber(ユーチューバー)の母

昨日は夏のような陽気で暑かったですねえ。

気が付いたら沖縄セミナーまで1か月となりました。
沖縄セミナーはなんとまだ7名しか集まっていません!
ひえ~
まあ、この人数だと座談会みたいに
一人一人自己紹介したりして、アットホームになるかも。
それはそれでいっか。


というわけで沖縄セミナーに参加の皆様。
私から個別ツッコミ入るかもしれませんので
寝てるヒマありませんよ。


昨日、ポストに東急百貨店の沖縄物産展の
はがきが入っていました。

「ふふふ。私、直接行くし」

と、ちょっと優越感に浸りました(笑



あ、そういえば博多セミナー&カウンセリングも決まりました。
6月16日(金)~18日(日)です。
申し込みフォームを作っているので、
準備が整ったらまたアナウンスしますね。
楽しみにしとってね。




話は変わってyoutuberのヒカキンの話をします。
YouTubeが好きで料理レシピとかは最近は動画でよく見ています。


ヒカキンはまだYouTubeというものがまだ無名時代に
ビートボックス(声だけでベースとかドラムの音を出すやつ)
で有名になって、日本では有名なyoutuberです。


そもそもyoutuber(ユーチューバー)ってナニ?
と思う人もいるかもしれませんが、
単純にyoutubeを本業にしている人達です。


>YouTuber(ユーチューバー)・YouTubeクリエイターは、主にYouTube上で独自に制作した動画を継続的に公開する人物や集団を指す名称

  

ちなみにヒカキンの動画年収は1800万円、という予測がネットに書いてありました。
チャンネルの合計登録者約830万人・合計再生回数は40億回に達している、だそうです。


個人的には「はじめしゃちょー」も好きです。ゆるくてくだらないんですが、
なぜか面白くて見ちゃうんです。

ちなみに「はじめしゃちょー」はイケメンyoutuberとしても人気で、
なんと写真集まで出しています。


先日ヒカキンのお母さんが動画に登場していました。
ヒカキン27歳、お母さん55歳。

お母さんも

「どうも。ママキンでーす」

とか言って、ノリがいいです。


動画の中でヒカキンがママキンに色々と質問します。
その中で印象的だったのが、お母さんがヒカキンが
何をしようと、全然反対しなかったこと。


新潟から上京してきて、スーパーに勤めながら
夜な夜なビートボックスの動画を作っていた頃。

youtuberとして食べて行こうと決心した時に
母親に「俺、スーパー辞めて、動画で食べていくわ」
と相談したそうです。

そうしたら一言


「別にいいよ」


そのころにはまだyoutuberなんていません。
ただでさえ怪しいのに、新潟の親に
”youtuber”だの”無料動画”だの言っても、「???」だと思います。

お母さんは「息子を信じていたので」と言っています。


そして今でも動画でくだらないことばかりやっている息子を見ても
「全然はずかしくないよ」ときょとんとしています。


ヒカキンはとてもまじめな青年だなあ、と私も思います。
編集に時間をかけているはずだし、完璧主義のエンターテイメントのプロだと思っています。


だからもちろん、お笑い芸人の母が息子を「恥ずかしくない」というのと
同じことだと思います。



田舎で、「おたくの息子さん、東京で何してんの?」と
聞かれることもあるでしょう。

しかもこの家、兄もyoutuberなんです。


「うちの子、youtuberなのよ」と言っても、
近所のおじさんやおばさんは「そんなフリーターみたいな安定しない職業で食っていけるのか」と思うかもしれませんが、
2000万円近い稼ぎがあり、本も出版し、今や俳優として映画にも出ている彼の仕事を
知ったら驚くかもしれません。


知らない世界で生きる息子を、「信じている」と言い切る母は偉いと思います。
仕事内容は関係ありません。食っていけると自分が信じればやればいい。
それが親の愛だと思います。




動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=gm91kskWxaY

モリー先生のおはなし

桜もだいぶ散って葉桜になってきましたね。

今年は桜が随分長く咲いていたようなので、
どこへ行っても桜が満開だったり、
後半は桜吹雪や桜の絨毯など、
桜フルコースを堪能した春でした。



先日の夜、熊谷に住む70代の
親せきの叔母から電話がありました。
久しぶりだったので、「なんだろう?」と思ったら

「あっこちゃん!今、所さんのダーツの旅で
オーストラリアやってるのよ。家にいるなら見て!」

とのことでした。あいにく番組は見れませんでしたが、
親せき一同、みんなが私がしているお仕事を知っているので、
こうして気にかけてくれることが嬉しいです。




話は変わり、「モリー先生との火曜日」を読みました。
この本は随分昔に出版されたもので、10年前に読んだのですが、
突然思い出して読みたくなり、再び購入しました。


モリー先生は大学の老教授。
ダンスが大好きな、誰からも愛される人です。
そのモリー先生がALSという難病に侵され、
余命わずかと宣告されました。


ALSは筋萎縮性側索硬化症といって、
体中の筋肉が動かなくなり、最後には
肺も含めた臓器が動かなくなり死に至ります。
原因不明で治療法はありません。



死を間近にした先生の病床で、
「最後のレッスン」として卒業生のミッチが
人生の意味について毎週火曜日に先生に話を聞きにいく、
というそんな内容です。


数週間後に必ず死ぬ、と分かっている先生の言葉には
重みがあります。

あらゆるものを失った人の語ることは、
それを失っていない、まだもっている私達への警告でもあります。



モリー先生の体は動かないので、
食べることも、外へ出て自然を楽しむことも、
旅をして素晴らしい景色を見ることも
なにもできません。

それが出来る人々はとてもラッキーだと言います。


何かを所有していてもちっとも役に立たない。
何を持っている、持っていないという文化は
人々を満ち足りた気持ちにさせない。


人々は映画俳優のゴシップや、スキャンダル、
セレブやモデルがどんな生活をしているかなど、
赤の他人のドラマに日夜うつつを抜かしている。


自分にはまるきり関係のない事がらに
何時間も潰している。



自分の時間がないモリー先生は
そんな時間をもったいないと言います。



そして「もう一度若くなれたら、、」と
過去を振り返ってばかりいる人は
人生に満足していないと言います。


人生に意義を認めていたら、
逆戻りしたいとは思わない。
先へ進みたいと思うはず。
もっとやりたい、もっと先を見てみたい、と思うはず。

若さはいい、と言っても
当の本人たちは苦悩を抱えて
自分を無能だとか、悲惨だか言っている。


年を重ねることは老化じゃない。成長なんだ。
年をとるまいと戦っても仕方ない。
年はとらざるを得ない。



ここまで。


こんな感じのことを書いています。


確かにフェイスブックやインスタなど
私たちは「自分に関係のない他人の生活のチェック」に
時間を費やしていたりします。

そして、消費社会の餌食になって、
「それを持っていないと不幸」だと思ったり。


ネット社会は便利ですが、
溢れる情報におぼれる危険もあります。


誰かの経験は事実かもしれませんが、その人の経験が全てかと言ったら
それは違うと思います。

ホテルのレビューとかもそうですよね。


例えば、めちゃくちゃ良かった!また来たいです!と書かれていても、
その人が普段ドミトリーにばかり泊まっていたら、
「めちゃくちゃ良かった!」となるかもしれません。

普段5つ星に泊まっている人が
4つ星に泊まったら「まあまあだった。リピートはないです」となるかもしれません。

私たちが記憶するのはおそらくこの「リピートはないです」という
ネガティブな所だけだと思います。
ほんとはすごく良い所かもしれないのに。


まあ、こんな感じであくまで誰かの意見は誰かの主観や
体験や気分?で書かれているので、
それを参考にするのはほどほどに、ということです。



そして、若さについて。


私も「20代は肌がぷりぷりで綺麗だったなあ」とか思ったりしますが、
幸せだったか?と言われると、今よりも苦悩があった気がします。


そして、20代の時に「肌がぷりぷりで、私ってなんて綺麗なんだろう」
と、毎日鏡に見とれていたかというとそうでもなく、
それなりにダイエットに苦戦し、にきびと格闘し、
「若さって素晴らしい!」なんて
考えたことはありませんでした。



私はいま40代ですが、きっと60代になった頃に
40代の人って肌がぷりぷりだし、体力があって羨ましいわ、
なんて言うのでしょう。


幸い私は自分の若さに気が付くチャンスがよくあります。
テニスでシニア世代の人達とプレーする時です。
60~70代の中にいると、まるで自分が学生のように感じます。


「お若い方、どうぞどうぞ」
「やっぱり若いねえ」


とか、そんなことをしょっちゅう言われます。
シニアの人と話す機会が多いと
「こういうシニアになりたいな」
と思えるような人にたくさん会います。


シニアは私にとって「癒し」なんですが、
なんというか、寛容さがあるんです。


角がとれていて、器がとても大きい。
みんなニコニコしているし、
「ここまで生きたから十分。あとはついでの人生」
とか言う人もいるし。

なんか、戦っていないんです。
もうリタイヤして、孫もいて。
健康でテニスが出来るのがなんて幸せ、みたいな。


みんな、今ある自分を楽しんでいるし、
周りの友達たちも、もう死んでいる人も出てきているだろうし。
逆らっても仕方なし。いまの時間を楽しもう、みたいな。



何歳であっても、今もっているものに気が付かないまま過ぎて
いったらもったいない。

過去には戻れないわけですし、年は重なるだけです。
そしてそれは悪いことではなく、成長です。

それならば、1年たつごとに「成長した」と実感できる、
充実した時間を意識して持った人のほうが絶対にいいと思います。



なんとなく2018年になるのか。
なんかに挑戦したっけ?とぼ~っと過ごすのか。
また1年終わっちゃった、と自責の念に駆られるのか。

それとも、留学して2018年を迎えるのか。
2020年のオリンピックの時に、
あの時に留学しておいてよかった、
と英語をぺらぺら話しながら思うのか。


成長した1年だった。
こうやって自覚できる毎日を過ごしましょう。

行くと決めたら何も迷わなかったです。

<お名前>
M・C様

渡航都市>
ケアンズ

<学校名>
サンパシフィックガレッジ

 


渡航都市を選ばれた理由は?

海の近くで癒されながらのんびりしつつも英語をがっつり勉強したいという理由にばっちり当てはまっていたから。


●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?

ほとんど英語話せないけど、生活できるのか?


●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?

特にワクワクすることもなく、何の変化もなく、自分の人生をこんなもんかと諦めていたと思います。
時間だけが無駄に過ぎていたんじゃないかな。

●出発までに何か躊躇することはありましたか?

 行くと決めたら何も迷わなかったです。

 

●アクティブウーマンを選んだ理由は?

アクティブウーマンで留学に行ったお友達に勧められたから。
 ホームページを見て良さそうだとここならお任せできそうだと思いました。


●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?

迷ってるならとにかくカウンセリング受けてみて!
 絶対後悔しないと思うよ。

留学しよう!と決めるのは早かったです。1時間悩んだかどうか笑

<お名前>
O・A様

渡航都市>
パース

<学校名>
Lexis English Perth




渡航都市を選ばれた理由は?
昔テレビでパースを紹介していて、「いつかこんな街にいつか住んでみたいなぁ」と思ったのがきっかけです。
しかし実際に渡航を決めるときは、直行便がなかったり、東側の方が都市がいっぱいあるし・・・と少し悩みました。
カウンセリングで土屋さんに「直感を大事にしましょう!」と言っていただき、
私の人生の大半ほぼ直感で決めてきたのに何を今さら悩んでんだろう、と吹っ切れてパース行きを決めました。



●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?
大学を出て就職して、精一杯仕事を頑張って、資格も取って、ある程度一人前に仕事ができるようになったら、考え方が固まって
ルーチンワークになっていました。それまで勉強もして自分が成長している実感があったけど、成長がストップしてしまった感覚。
プライベートも集まるメンバーが固定して、同じような会話をしている。
このままだとこれ以上の経験はできないし、何かを変えたいな。
留学しよう!と決めるのは早かったです。1時間悩んだかどうか笑
決めたものの不安はいっぱい。
留学を決めた時の私は28歳終わりかけ。準備や仕事の引継ぎを考えると実際渡航できるのは30歳。
この歳で今まで仕事をしていた分野とは全く別の道に行く。
一からスタートの勉強についていけるかな・・・とか、
帰ってきてから仕事どうするんだろう・・・とか。ネガティブです。。
でも止めようとは一度も思いませんでした。



●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?
ぬるま湯につかっているような感じで、仕事を続けていたと思います。



●出発までに何か躊躇することはありましたか?
姉の病気発症、それに付き添う母の負担感が大きく、近くにいられなくなるのは心配です。
しかし幸いまだ両親ともに健康ですし、両親も私も歳は取っても若くなることはないので、
行くなら今しかないなと思っています。



●アクティブウーマンを選んだ理由は?
数々の留学エージェントに資料請求をしました。
実際資料が届いたとき、他社の製本されて分厚い資料がある中で、アクティブウーマンの資料は一際薄いものでした。
ただ内容はオーストラリア留学された方が実際にどんな生活をしているかイメージしやすく、一番内容が濃かったのを覚えています。
櫻井さんが28歳の時に留学されたことも、こんな歳で・・・と思っていた私に勇気をくれました。
ネックは岡山在住であるため、東京まで何度も行けないことでした。やはり大事な話は顔を合わせてしたかったので。
悩んで一度岡山にある留学エージェントのセミナーにも参加しましたが、
最初に「留学しても英語ペラペラになるとは思わないで下さいね」と言われ、 大切な心構えだとは思うのですが、もやもやしました。
より一層、アクティブウーマンが良さそうなのに、という思いにさせられ、東京でのセミナーに参加しました。
そこで「この人たちを信じる!アクティブウーマンにお願いしよう!」と決めました。
決め手は、オーストラリア留学をしたいという気持ちさえあれば、どんなことを言っても受け入れてもらえそうな雰囲気でした。
カウンセリング・相談のすべてを電話とメールでしてきましたが、必要な時に必要な情報を頂き、メールでご相談しても必ず返信があり
本当に選んで良かったと感じています。



●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?
私はここを選んで良かった!あなたも信じてみたら?

いろんな不安を散々ぶちまけましたが「大丈夫ですよ」とさらっと言ってもらえました

<お名前>
H・Rさま

渡航都市>
セブ、ゴールドコースト

<学校名>
フィリンター、インフォーラム




渡航都市を選ばれた理由は?
海が好き、とにかく遊びたいパーティしたいということで選びました


●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?
行くことは特に悩まず決めた気がします
行くためにはどうしたらいいか、どこのエージェントにするか、彼氏と別れるかで悩んでいました


●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?
とりあえず、今の生活を死ぬまで続けるのは嫌だったので、仕事を辞めて上京するなど今とは違う環境には移っていたと思います


●出発までに何か躊躇することはありましたか?
英語ができなさすぎるて心配なことと婚期を逃さないかということです笑
どちらも日本にいることで解決できる問題ではないので開き直りました


●アクティブウーマンを選んだ理由は?
サポート無料ということと今の自分でいいんだよと安心させてもらえたからです
始めは別のエージェントであれよあれよと契約してしまったのですが、サポート料が高かったので急いで解約しました
その後アクティブウーマンさんでカウンセリングをし、いろんな不安を散々ぶちまけましたが「大丈夫ですよ」とさらっと言ってもらえたことですごく安心してここに決めました

●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?
とても丁寧に対応してくれるし、自分の希望に沿ったプランを提示してくれるから安心してといって紹介します

偶然出会ったアクティブウーマンさんに運命を感じています

<お名前>
T・Mさま

渡航都市>
メルボルン

<学校名>
Melbourne Language Centre

渡航都市を選ばれた理由は?
・看護留学のある都市がメルボルンだったから。
・従妹がメルボルンに住んでおり、何かあっても相談できる人がいると思ったから。
 (従妹がメルボルンに住んでいなかったら、看護留学という言葉も知らなかったと思うし、
 留学なんて考えなかったと思います。)

●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?
・30歳での留学は遅くないのか。
・日本語でさえ活舌、発音が悪いのに英語が話せるのか。
・1年間の留学で本当に英語が話せるようになるのか。どれくらい話せるようになるのか。
 もし英語が話せるようにならなかったら1年無駄になるんじゃないか。
・ホームステイ後の住む場所を自分で探せるのか。シェアハウスは安全なのか。
・家で犬4匹、猫4匹、鳥1羽、メダカを飼っているので、私がいない間母が仕事をしながら面倒を見られるのか。
 など色々悩んでいましたが、自分がやってみたいと思える事が見つかったので、結果はどうなるかわからないけどやってみようと思い留学することを決めました。

●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?
・毎日愚痴を言い、ストレスでイライラしながら看護師を続けていたと思います。

●出発までに何か躊躇することはありましたか?
 学校生活に馴染めるか、留学中どうやって勉強していったらいいのかなど色々考え      
 てしまい不安は尽きません。でも、今までたくさんの初めてを乗り越えてきたんだから
 行ったら何とかなると自分に言い聞かせています。
 いつまでも色々考えていてもしょうがないので、出発の2週間くらい前からは荷物などの準備を始めました。

●アクティブウーマンを選んだ理由は?
 メルボルンに旅行に行って帰国後、従妹にメルボルンでは有名な病院だよと言われた病院を検索したら、看護留学という言葉を見つけクリックしたらアクティブウーマンさんのサイトに!!
 オーストラリア専門や勧誘の電話はしませんという言葉に関心を持ちました(はっきりNOと言えない優柔不断な性格なので)。
 セミナーに参加させて頂きましたが、オフィスの外観と入り口のドアを見たときには怪しい会社なのかなと思いましたが(すみません…)、
 中に入ると雰囲気もよくスタッフも悪そうな感じではありませんでした。セミナー後メールや電話での勧誘は一切なく、
 カウンセリングでも一方的でも強引でもなくしっかり話を聞いて下さり、アクティブウーマンさんなら大丈夫かなと思い決めました。
 (他にエージェントがあることを知らなかったので比較することをしませんでした。また優柔不断な性格なので色々調べると悩むだけだと思い、アクティブウーマンさんだけ見てました。)
 メルマガで他のエージェントのエピソードを見ましたが、アクティブウーマンさんにしてよかったと思っています。偶然出会ったアクティブウーマンさんに運命を感じています。

●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?
 毎年現地に行って学校などの視察をしているから最新の情報をたくさん持っているし、自分に合ったプランを一緒に考えてくれるよ。
 まずは資料やメルマガを見てみて。セミナーやカウンセリングに行っても勧誘は一切ないから大丈夫だよ。