自分の意見というものを持つことが大切なんだと、実感しました

・お名前
➡S・Yさま

・学校名
➡Greenwich (Melbourne)

自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどを
なんでもご記入下さい!
➡学校には6か月通いました。5ヶ月半はGeneral、最後の2週間だけIELTSコースを
 受講しました。
 最初は自分の言いたいことがなかなか言えないけど、読んだり書いたりしたら
 意外とできるという
 典型的な日本人留学生でした。最初のクラスの先生に「間違っていても、授業中に
 たくさん発言して自分の意見を言わないと、上のクラスには上げられないよ」と
 言われ、積極的に発言するようにしました。
 自分のことを授業中に話すようになると、その延長で学校が終わったあとも
 クラスメイトと話すようになり、遊びに行ったり、休みの日にも一緒に
 出掛けたりなど、交流が増えていきました。
 自分のことをアピールするのって大事なんだなと実感しました。
 
 シェアハウスはインターネットを通して探したりもしましたが、私はクラスメイトが
 住んでいた家に引っ越したりしました。
 インスぺに行く前から多少の情報を得ていたことや、シェアメイトになる人と事前に
 会うことができていたことなど、知らない家に住むよりも何倍も良かったです。
 
 アルバイトも帰国することになった友達から引き継ぎました。
 そのため、インタビューを受けることもなく決まりました。
 土日しかオープンしないマーケットでの仕事だったので、土日だけのアルバイトです。
 学校の授業にも影響もなく、同じマーケット内で働くオージーの皆さんと
 話しをする機会もたくさんあり、ジャパレスでのアルバイトよりお給料も良かったし、
 英語のトレーニングにもなりました。
 ただ、お客さんとコミュニケーションをとるうえで、自分の英語が未熟がゆえに
 商機を逸したことも多々ありました。
 今考えると、家も仕事も友人からの紹介で助けられていたんだと思います。
 一番最初に先生に言われた「自分のことを話す」ということが実ったんだと
 思っています。
 
 ホームステイにもとても恵まれました。
 家族全員が英語ができない私にゆっくり話しかけてくれたり、一緒に出掛けたり、
 時には子供たちの友達に日本語を教える代わりに英語を教わったりと、
 数えきれないくらいのサポートをしてもらいました。私にとっては、
 世界一のホストファミリーです!

 
●留学して何か変わりましたか?
➡日本のことを考える機会が多くなりました。
 今まで不通にしていたことが、別の国の人には不思議なことだったり、
 政治、宗教、教育など、いろんな角度からの質問を受け、答える。
 日本語で聞かれても難しいことを英語で答えるためには、たくさんの知識を
 身に付け、自分の意見というものを持つことが大切なんだと、実感しました。
 日本のことを改めて好きにもなりましたが、嫌いになることもありました。
 嫌いになったことはあえて言及しませんが...

●もし留学していなかったら、今頃どうしていたと思いますか?
➡おそらく...
 仕事を続けながら、TOIECを受けて読み書きだけの英語の勉強をする...
 海外に行きたいなぁなんて、思いながら年に1回程度の海外旅行で有名なところに
 行って、典型的な日本人観光客をしていたと思います。


英語を本気で伸ばしたい方に是非おすすめしたい学校です。

<アンケート>
N・E様

 
・学校名
 Impact Brisbane college
  
自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどを
 なんでもご記入下さい!
 
  まず、私がブリスベンを選んだ理由は暖かい気候と大きすぎない町だったこと。impact 学校はEnglish only polity が徹底されていたこと。この二点をアクティブウーマンさんに相談した所、私にぴったりだという意見をいただき即決しました。

結果、町自体は思ったより小さく、最初は少し戸惑いましたが、それがいい面であり町の治安は良く、人々は穏やか。1時間も車で走れば私の好きな海にいけること、物価は他の都市より安いこと。今はブリスベンの町をとても気に入っています。

学校の日本人スタッフの方には大変お世話になりました。私の悩みを親身に聞いてくださり、問題があった時には素早く対応してくださいました。今は違う学校に移り先生が居ないとクラス内で母国語を話す人達ばかり、日本人スタッフの対応は良くなく、学校によってこんなにも違うものなのかと驚いています。Impact学校 は海外初心者で留学に不安のある方、英語を本気で伸ばしたい方に是非おすすめしたい学校です。

 

●留学して何か変わりましたか?
自分の意見をしっかりと持つこと。そしてそれを他人に伝えなければ誰も理解してくれないこと。シェアハウスでの共同生活でイライラする話をしていたら、何でそれを伝えず文句ばかり言っているの?と言われハッとしました。日本でいう気を遣う、ということは他の国では通用しません。私の他人に自分の気持ちを伝える事の弱さを思い知らされました。今では問題や疑問があれば直接当人に伝えるようにしているのであまり文句を言わなくなった気がします。

当初6ヶ月滞在で帰国予定でしたが、オーストラリアを大変気に入り、また英語学習が不十分だと感じたため、あと一年学生ビザで滞在します。

あとは、ヨーロピアンの彼氏ができました。渡航後3ヶ月目でした。彼氏をつくる気は全く(100%)なかったのですが、彼とはシェアハウスで知り合い意気投合し付き合う事になりました。彼のおかげで英語力と自信がつき海外の方と話すことに対して動じなくなりました。これもタイミング、ハプニングですね。1週間後には彼と同棲予定です。


●もし留学していなかったら、今頃どうしていたと思いますか?

日本での仕事は順調でしたが、将来に夢も希望もなかったので、平和だけど刺激のない日々を送っていたと思います。

失うもののことばかり考えていました

<お名前>
N・Aさま

渡航都市>
ブリスベン

<学校名>
Impact English College Brisbane


渡航都市を選ばれた理由は?
あたたかくのんびりしたところが良い!という点を重視しており、
晴れの日が多く沖縄に近い気候であると聞いて、ブリスベンゴールドコーストバイロンベイの3か所でずっと悩んでいました。
大分雰囲気の違う3か所だと思うのですが、
新しい土地で自分が暮らしているイメージがなかなか湧かず、何か月も決められずにいました。
カウンセリングで相談している中で、それぞれの町の雰囲気を伺い、
大きな川があることや、大きい都市なので暮らすのに便利そうだということ、
などなど色々惹かれる理由があり徐々にブリスベンに心が決まっていきましたが、
最終的にはテニスの有名な国際試合が開催 される地であることが決め手になりました。
テニス大好きな私にとっては聞き慣れた都市名でいつか行ってみたいところでもあったので、、、決める理由なんて案外そんなものかなと思いました。笑
でも元々潜在的に感じていたこの希望をカウンセリングで引きだしていただけたからこそ決断できました。
 

●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?
32歳直前の超ぎりぎりワーホリなのですが、この年齢で安定した正社員の仕事を手放すことで失うもののことばかり考えていました。
ぎりぎりになった理由もそのことでずるずると悩んでしまったことが大きいです。


●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?
元のシステムエンジニアの仕事をストレスフルのまま続けていたと思います。


●出発までに何か躊躇することはありましたか?
行くことを決定するまでに時間がかかりすぎ、そこから出発までの時間がとても短かったので、
躊躇してる暇ありませんでした。突き進むのみ!でした。


●アクティブウーマンを選んだ理由は?
実は最初別のエージェントに相談しに行ったのですが、
カウンセラーの方との会話がかみ合わず話が全く進まず、
不安が膨らみすぎて渡豪をあきらめようという思いも頭にちらついていました。
そんな時にネットで偶然アクティブウーマンさんのセミナー情報を見つけ、思い切って飛び込んでみました。
セミナーで説明をしてくださった土屋さんにビビっときて、
セミナー途中から絶対この方と話したい!と思い、
その日のうちにカウンセリングをしてもらう約束をとりつけ、
そこからはとんとん拍子でした。
カウンセリングでは悩んでいたことを次々と言い当てられ少し怖いくらいでしたが、
背中を押してくださるような言葉をたくさんいた だき、また自分も話すことで考えがクリアになったことがとてもありがたく、
カウンセリングの最後にはここで申し込みたい!と思いました。


●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?
女性として、社会人としての不安や悩みをしっかり理解してくれて、背中を押してくれるカウンセラーさんがいるから、
悩んでるなら一度アクティブウーマンさんに行ってみたらきっと進展があると思うよ!と言います。

楽しみな気持ちの方が大きいので、きっとなんとかなるだろ~!と思っています(笑)

<お名前>
T・Mさま

渡航都市>
セブ島メルボルン

<学校名>
philinter・impact




渡航都市を選ばれた理由は?
パンフレットやサイトで見てメルボルンブリスベンに興味を持ち、カウンセリングの時に暑いのが苦手で、泳げないため海にあまり魅力を感じず、将来のことを考える上で留学中にオーストラリアの大学を見学してみたい、と伝えたところメルボルンを勧めていただいて、オシャレな街並みにも惹かれて決定しました。


●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?
・未成年でも語学留学ができるのか
・親にお金を出してもらうため、どのくらいの期間行くのか。また、出してもらったお金に見合った成長をして帰ってこれるのか
・周りのみんなが大学受験に向けて勉強していく中で、受験勉強ではなく留学に時間を使ってしまっていいのか
などで悩んでいました。


●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?
小さい頃から持っていた留学の夢を先延ばしにしながら、代わり映えのしない生活をなんとなく続けていたと思います。


●出発までに何か躊躇することはありましたか?
現地で馴染めるかや友達が出来るかなど、知らない人ばかりの土地に行くので不安なことは沢山ありますが、楽しみな気持ちの方が大きいので、きっとなんとかなるだろ~!と思っています(笑)
なので躊躇はほとんどありません。


●アクティブウーマンを選んだ理由は?
最初は大学留学について調べていてオーストラリアに興味を持ち「オーストラリア 留学」で検索したらアクティブウーマンさんのサイトに辿り着きました。
対女性に特化した記事が面白くて、興味を惹かれてサイトやメルマガ、パンフレットを読んでいるうちにどんどん留学行きたい欲が湧いてきて、ここにお願いして留学したい!と思いました。
ちょうどその気持ちが高まった頃に関西でのセミナー・カウンセリングの開催が決まり、これは行くしかない!と思ってすぐに申し込みました。


●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?
とても親身かつ迅速なサポートを無料でしてくれるすごい会社!
メルマガも面白くて参考になる話が多いし、絶対おすすめだからオーストラリアに留学するなら1回サイト見てみて~!
って言います。
細かい質問のメールにもちゃんと答えていただけて、本当に感謝してます!

「神様が引き合わせてくれたんだ」と思ったので。

<お名前>
S・Aさま

渡航都市>

ケアンズ
<学校名>

Sun Pacific College




渡航都市を選ばれた理由は?
一番は自然豊かなところ。そして暑いのも寒いのも苦手とわがままな相談をした結果ケアンズに決まりました(笑)
あれもこれもと事前アンケートで行きたい都市を答えていたのですが、「田舎暮らしなので周りに自然があって…暑いのも寒いのも苦手で…」と言ったらとんとん拍子で桜井さんが導いてくれました。
優柔不断な私にとっては意見を聞きながら実際に街並みを知っている方からのお勧めはとってもありがたかったです。


●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?
決定する前は、仕事を辞めて半年以上たっていたので、転職するしかないのかなと考えていました。
周りは仕事を続けているか、結婚し子どもを産んでいるかがほとんどだったので、行きたいと思いつつ年齢的にも周りの目(特に両親)を気にしてしまっていました。


●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?
転職して、やりたくない婚活をしてたと思います。
「30歳までに行くんだ」と周りには公言していたので、期限に焦って生活していたかも…。

●出発までに何か躊躇することはありましたか?
出発の一週間前までは実感もなく過ごしていましたが、徐々に不安と緊張でいっぱいいっぱいの状態になっています….。
実家から離れた事がないので、「一人で飛行機に乗って大丈夫か」「やめるなら今ならまだ間に合う」と行ったり来たりしています…。
メールで拝見するアンケートでは「躊躇する事はありません!」と言い切っている方が多いイメージなので、こんなに不安になってることにさらに不安が増す悪循環です(*_*;
人生一度切りなのでこの経験も良しとしようと思います。


●アクティブウーマンを選んだ理由は?
漠然とオーストラリアかカナダに行きたいな~とネットで色々と検索していた時にたまたま偶然見つけ、
ホームページを見たり、資料を取り寄せてわくわくが止まらなくなったので運命的な物を感じました(笑)
さらに仕事を辞めたタイミングと地方セミナーを開いてくださったタイミングがほぼ同じだったので「神様が引き合わせてくれたんだ」と思ったので。


●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?

自分が持っている資料をまず見てもらいます。
実際に会ってみるともっとわくわくするよ!とセミナーに行くことをお勧めします。
電話よりメールより実際に会うことが一番アクティブウーマンさんの良さが伝わると思っているので。
 
 

今の生活を捨ててでも行くべきなのか 悩んでいました

<お名前>

K・N様


渡航都市>
ブリスベン

<学校名>
ラングポーツ

渡航都市を選ばれた理由は?
初めはシドニーに行こうと思っていたのですが、それでは東京の生活とあまり変わらない気がして、もう少し落ち着いいていて、でも田舎でないところを探していました(笑)
語学学校をラングポーツに決めていたので、自然とブリスベンが候補にあがり、気候もあたたかく、おしゃれなカフェがあったりと、生活するのにもよさそうでブリスベンに決めました。

●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?
大手の会社に勤めていたので給料もよかったですし、東京での生活も楽しかったので今の生活を捨ててでも行くべきなのか、帰国後どうなるのか、婚期を逃さないか(笑)などに悩んでいました。

●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?
もやもやしたまま、煮え切らない日常を送っていたと思います。きっともっと後になって「やっぱ行っておけば・・・」と後悔していたと思います。

●出発までに何か躊躇することはありましたか?
仕事が見つかるか、1年ほどでどれだけ英語力が伸びるか心配していました。

●アクティブウーマンを選んだ理由は?
まずがオーストラリア専門、特に女性専門というところに惹かれました。
カウンセリングをさせていただいて、自分の考えを応援してもらえ、決心がつきました!
他社でもカウンセリングしましたが、アクティブ・ウーマンさんはカウンセリングが心地よいといいますか、カウンセリング後にすっきりして前向きな気持ちになる感覚でしたので安心してお願いしました。

●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?
とにかく相談してきてと(笑)全力でおすすめします!

留学生のメイク事情

大阪から戻りました。
金曜日の夜はキックオフセミナーでした。
これは渡航前の準備会です。


夜ということもあるし、
全員アクティブガールズという仲間なので、
アットホームな雰囲気の中で、
グループワークをしたり、
親交を深めることが出来ました。



わたし個人としては、キックオフの場合は
すでに顔見知りの方も多いので
精神的にかなりリラックスしています。
勝手に友達気分です。




土日は留学セミナーとカウンセリング。
一日中、みっちりとずっとカウンセリングをさせて頂きました。



セミナーはこう見えて毎回かなり緊張しています。
初めて会う方ばかりだし、
どんな期待を持ってきているのかな、何が聞きたいかな、
この情報でみんな満足してくれたかな、
と毎回反応を見ながら話しています。



今回、多くの方からお申し込みを頂きましたが、
お友達からの紹介という方が多かったです。


すでに留学へ行かれている方がAWを利用していて、
すごくいいから連絡してみて、と言われて
カウンセリングに来られたそうです。


今回カウンセリングさせて頂いたお客様の一言ですが、


「留学するって決めると、他のことが我慢できる」


とおっしゃっていました。



留学にはお金がかかります。
貯めた貯金の多くがここで出ていきます。
ですが、渡航日が決まると急に買い物欲がなくなります。


他に優先順位の高いものが出てくると、
自然と今まであれだけ欲しかったもの、
お金を使っていたものから興味がなくなります。


物欲とは、ストレスや、ひま?という理由で
なんとなく買い物してしまう事もあります。


ですが、何か目標設定すると途端に買い物する意欲がなくなります。
それどころじゃない、というのもあります。


おしゃれも楽しいですが、留学という目的が出来た時に
それは一時、わきに置いておいて、貯金や英語の勉強のほうが
大事になってくると思います。


きっと現地でもメイクも薄くなるし、
お肌の調子とかもそんなに気にしなくなると思います。


それよりも、もっと集中する対象が出来るからです。
優先順位が変わってきます。




おしゃれという話で思い出しましたが、
各国留学生のメイク事情も面白いですよ。

ヨーロピアンの子はあまりファンデーションは塗らないようです。
そもそも日常生活であまりしっかりメイクをしません。



若いうちは肌が綺麗だから隠す必要はない、と
聞いたことがあります。それよりもポイントメイクに力を
いれている気がします。パーツが濃いから
マスカラを塗るだけでも、一気に華やかになるんですよね。


挨拶代わりにキスをしているせいか
口紅も塗っている子は少ないと思います。


だからディナーなどでたまにメイクをしていると
すっごいドレスアップした印象になります。
別人のように華やかです。


私も普段はほとんどすっぴんなので、
たまに口紅とかつけると、自分でも変な感じで落ち着きません。
人からも「あ、メイクしてる」とか、いちいち突っ込まれます(笑


アジア人はベースメイクに気合いを入れますよね。
ファンデーションをばっちり塗って、
口紅を付けて。朝からバッチリメイクをしている人が多いです。


その国のトレンドや習慣を持ってくるので
語学学校で各国の学生のメイクや
ファッションを見ているだけでも面白いですよ。





追伸1:

来月もまた大阪行きますが、博多もやります。
みんな来てね!


参加フォームはトップページのボタンからどうぞ!
https://activewoman.jp/